番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

災害廃棄物の収集へ 熊本・球磨村に清掃事務所職員を派遣 鹿児島市

2020年7月31日12:08

鹿児島市は30日、大雨で甚大な被害が出た熊本県球磨村に、廃棄物の収集などにあたる職員を派遣しました。

派遣されたのは、鹿児島市の清掃事務所の職員11人です。

球磨村では、7月の大雨で災害廃棄物が約470トン出ているということで、職員は被災地で水につかった家財道具や可燃ごみなどの収集などを行う予定です。

出発式では、鹿児島市環境局の玉利淳局長が「大変厳しい環境での作業となると思うが、体調管理に気をつけながら作業して、元気に帰ってきてほしい」と激励しました。

鹿児島市清掃事務所の脇芳次主任は「1日も早く街がきれいになるように頑張ってくる」と述べました。

出発式を終えた職員らは、ごみ収集車3台と連絡用の軽自動車で熊本県球磨村に向かいました。

過去の記事