番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

県内で初の「新型コロナの死者」 鹿児島市

2020年7月28日19:38

鹿児島市は28日、新型コロナウイルスに感染し入院していた90代の女性が28日までに死亡したと明らかにしました。鹿児島市によりますと死因は基礎疾患によるものだったということですが、新型コロナウイルスの患者としては初の死者となります。

死亡したのは鹿児島市に住む90代の女性です。

女性は新型コロナウイルスに感染し県内の感染症指定医療機関入院をしていました。

鹿児島市によりますと女性には基礎疾患がありそれが原因で亡くなったということです。

今回は新型コロナウイルスに感染したまま死亡したということで、厚生労働省での統計上、「新型コロナウイルスで死亡」となるということです。

県内では新型コロナウイルスの初めての死者となりました。

県内の新たな感染者は与論町が6人、指宿市が2人、霧島市と薩摩川内市が1人ずつの10人です。

28日までに県内の感染者は229人となりました。

過去の記事