番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

東京五輪女子マラソン日本代表の一山麻緒選手 地元の鹿児島・出水市から特別表彰

2020年9月30日17:30

2021年7月に開幕する東京オリンピック女子マラソン日本代表で実業団ワコール所属、鹿児島県出水市出身の一山麻緒選手が、30日、出水市役所で特別表彰を受け、改めてオリンピックでの活躍を誓いました。

30日午前11時、出水市役所前で、スティックバルーンを持った約100人の職員が大歓声で一山選手を出迎えました。

ワコール女子陸上競技部の一山麻緒選手(23)は陸上の白石黄良々選手に次いで2人目となる出水市の特別表彰を受け、椎木伸一市長は「出水市民の誇りです」と称えました。

一山麻緒選手は「陸上の楽しさや走れる喜びを教えてくれたのもここ出水市だと思っています」と表彰の言葉を述べました。

また、「五輪出場を決めた名古屋ウィメンズマラソンの前みたいな練習、それ以上の練習をしないと、世界では戦えない。ケガは絶対しないように気をつけて毎日の練習を大切に、コツコツ積み重ねていけたらいいなと思います」と、東京オリンピックに向けての意気込みを語りました。

一山選手は今後、駅伝や日本選手権などの大会に出場し、2021年8月7日の東京オリンピック女子マラソンに向けて調整していきます。

過去の記事