番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島市に約130件の相談 新型コロナ感染確認で店の利用者に呼びかけ

2020年7月3日15:15

2日、鹿児島市の接待を伴う飲食店で男性7人の感染が確認されたことを受けて市が店を利用した人らに連絡を呼びかける中、鹿児島市は2日だけで約130件の相談が寄せられていることを明らかにしました。

鹿児島市では2日、9人の新たな新型コロナウイルスの感染者が確認されましたが、このうち7人については鹿児島市船津町の接待を伴う飲食店「NEWおだまLee男爵」で働く男性でした。

鹿児島市は、クラスターが発生したとみて、この店を6月13日から29日に利用した人に対し、帰国者・接触者相談センターに連絡するよう呼びかけています。

鹿児島市が3日開いた対策本部会議の中で明らかにしたところによりますと、この件をめぐり、2日だけで店を利用した人らから約130件の相談が寄せられたということです。

相談は3日も寄せられていて、市は、相談の受付態勢を強化して対応するとともに、感染者の接触者についても検査を進めています。

過去の記事