番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

30日締め切り 「鹿児島県事業継続支援金」申請は5000件以上の見込み 

2020年6月29日19:10

新型コロナウイルスの影響で事業収入が大きく減少した中小法人や個人事業者に最大20万円を支給する鹿児島県の事業継続支援金について、申請件数が5000件を超える見通しとなっています。

5月25日から申請の受け付けが始まった県の事業継続支援金は、2020年1月から5月までの間に事業収入が前の年の同じ月より80%以上減少した月がある中小法人や個人事業者が対象です。

減少率に応じて10万円、または20万円を上限に支給されます。

申請は30日で締め切られますが、県によりますと6月26日の時点で4591件の申請があり、最終的な申請は5000件を越える見通しだということです。

これまでに1447件を支給していて、支給額は2億5330万円となっています。

県は「期限内に申請して事業継続のために活用してほしい」としています。

支援金は国の持続化給付金を申請中でまだ結果が出ていない場合でも申請はできるということです。

申請は30日の消印まで有効です。

過去の記事