番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

「孫を包丁で」殺人未遂の男 執行猶予付き有罪判決 鹿児島

2020年6月25日19:30

去年7月、鹿児島県出水市の自宅で当時6歳の孫を包丁で刺して殺害しようとしたとして殺人未遂の罪に問われている56歳の中国籍の男に対し鹿児島地方裁判所は25日、懲役3年執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。

判決をうけたのは出水市知識町の無職で中国籍の敖涛被告(56)です。

判決などによりますと敖被告は去年7月20日、出水市の自宅で当時6歳の孫の男の子を包丁で複数回刺して殺害しようとしたとされています。

孫は全治1カ月の重傷を負い、敖被告も自殺を図りけがをしました。

敖被告は起訴内容を認めていて、裁判の争点は量刑でした。

25日の判決公判で鹿児島地裁の岩田光生裁判長は、敖被告の殺意が強固であったことや犯行動機の身勝手さを指摘しましたが、「殺意の形成に至るまでにはうつ状態が大きく影響している」として懲役5年の求刑に対し、懲役3年執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。

過去の記事