番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

「次のステージに進みたい」 鹿児島県知事 経済活動再開のキャンペーン実施を発表

2020年5月22日20:00

鹿児島県は22日、新型コロナウイルスの影響で落ち込む県内経済の活性化を目的に1人最大1万円の宿泊補助などのキャンペーンを実施すると発表しました。宿泊キャンペーン実施の条件として、実施予定日前1週間の新型コロナウイルスの新規感染者数が2人未満に押さえられていることなどをあげています。

【鹿児島県 三反園知事】
「31日間、新たな感染者は確認されていない。それを受けて次のステージに進みたい」

22日、三反園知事が発表した経済活動再開に向けてのキャンペーンは、1人最大1万円の県内用宿泊券を支給する「ディスカバー鹿児島キャンペーン」など4項目から成ります。

宿泊キャンペーンは実施予定日前の6月13日から19日までの1週間に、県内で新規感染者数が2人未満であること、感染経路不明者数がゼロであること、PCR検査の陽性率が3.5%未満であることの、3つの基準を全て満たすことが実施の条件となります。

申し込み方法は現在検討中で、これらのキャンペーンにかかる費用およそ30億円は補正予算案として、6月県議会で審議される予定です。

今回示された経済活動再開に向けたキャンペーンの中身を見ていきます。

「ディスカバー鹿児島キャンペーン」として県民4万人を対象に、1人最大1万円の宿泊券が支給されます。

そして、プレミアム付き商品券として5000円分の商品券を4000円で購入できます。

これは子育て世帯は3000円で購入できます。

スマホのアプリを利用して飲食店で使える500円割引のクーポン券も発行されます。

このほか、小中学校の給食に鹿児島の和牛やブリ、カンパチが提供されます。

宿泊キャンペーンは6月13日から19日までの1週間に、県内で新規感染者数が2人未満であること、感染経路不明者数がゼロであること、PCR検査の陽性率が3.5%未満であることの3つの基準を全て満たすことが実施の条件となります。

過去の記事