MENU
ON AIR
3:52オープニング
4:00テレビショッピング
4:30テレビショッピング
5:00テレビショッピング
5:30THEフィッシング
6:00めざましどようび
8:30にじいろジーン
9:55ライオンのグータッチ
10:25かごナビ
10:30テレビショッピング
11:00テレビショッピング
11:30チャンネル8
11:45ぽよチャンネル
11:50FNN Live News days
12:00YOUは何しに日本へ?
12:55あちこちオードリー〜春日の店あいてますよ?〜
14:15Smart×LIFE
14:20快傑えみちゃんねる
15:20わんにゃん+ かごしま
15:25サチのかごしまリサーチ
15:30まもなくキックオフ!東アジアE−1サッカー選手権2019 女子 日本×中国
15:50東アジアE−1サッカー選手権2019 女子 日本×中国
18:00おかべろ
18:30ナマ・イキVOICE
19:00まもなくキックオフ!東アジアE−1サッカー選手権2019 男子 日本×香港
19:25東アジアE−1サッカー選手権2019 男子 日本×香港
21:24まもなくザ・細かすぎて伝わらないモノマネ
21:30ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ
23:40さんまのお笑い向上委員会
24:10悪魔の弁護人・御子柴礼司〜贖罪の奏鳴曲〜
25:05S−PARK
25:45ゴリパラ見聞録
26:15クロージング

令和元年10月度 番組審議会

開催日時場所

令和元年10月31日(木)正午~ KTS本社3階会議室

議題

合評番組
 チャンネル8
  毎週土曜日 午前11時半~午前11時45分放送
 ◇ 9月14日放送「二人で目指した夏」
 ◇10月19日放送「名門復活を託された24歳」

出席委員(敬称略)


委員長
  佐野  雅昭
副委員長
  深港  恭子
委員
  志賀  玲子
  稲荷田 治美
  岩田  英明
  永井  明弘
  新納  剛史

レポート提出委員
委員
  西田  和夫
  東條  広光

審議の概要

◇「二人で目指した夏」

委員側の意見要旨

〇コーチと選手のきずなの強さが、よく描かれていた。
〇選手のスティックが試合前日に折れて、試合でコーチが使っていたスティックを使うことになった場面は、去り行く人とこれから頑張る人がうまく引き継がれていて、良いシーンだった。
〇スティックが折れたことを説明する場面で使った映像は、実際に前日練習を取材していたときの映像なのか、違う日の練習風景なのか、判断しかねた。
〇マイナー競技に光を当てたのは良い掘り起しだった。
〇試合後にコーチと選手が向き合う場面は不自然で、やらされている感じがした。
〇コーチが高級車に乗っているシーンは、ない方がコーチの真面目な性格が出たと思う。
〇コーチは指導者を引退するということだったので、その理由や今後の目標を聞きたかった。
〇コーチも選手も感情が表に出にくいタイプだったので、映像から情感が見えにくかった。

KTS側の意見要旨

〇試合のときに初めて取材をし、その後、番組を作ることになったため、追加取材をした。
〇試合後にコーチと選手が向き合う場面は、ハンディカメラで近付き過ぎたため、二人にカメラを意識させてしまった。
〇高級車については番組審議会以外でもご指摘をいただいた。使う必要性を考えるべきだった。
〇コーチはもっと前に引退しようと考えていたが、鹿児島で全国高等学校総合体育大会、インターハイが開催されることが決まり、そこまで頑張ろうと駆け抜けてきた。第二の人生も考えているようだ。



◇「名門復活を託された24歳」

委員側の意見要旨

〇若き指導者の苦悩と喜びが映像化されていて、すがすがしく見ることができた。
〇生徒と監督の信頼感をすごく感じた。
〇短い番組の中で、生徒たちのおどけた表情と真剣な表情とメリハリがあった。
〇試合会場の外観は、三角形や色彩の配置、緑と人工物と空のバランスが考えられ、良いカメラワークだった。
〇監督の「選手を変える前に、自分を変える」という言葉は、組織の指導者に共通する大命題であり、その言葉にドキッとさせられた。
〇不祥事の後、なぜ楠元龍水監督に白羽の矢が立ったのか知りたかった。キャラクターがよく分からないまま、見させられている感じがした。
〇生徒が監督のことを「ガキっすね」と言ったことが耳に残っている。監督が近くにいたときに聞いていたので照れがあったのだろうか。監督のいないところで聞いてあげてもよかったと思う。
〇若者は受けを狙うなど空気を読む文化があるので、「ガキ」という発言はノリの延長なので、この発言は有り得ると思った。
〇「ガキ」という発言は、絶対許さない。そういう発言をしない人に育てることが教育だと思う。
〇何の番組だったのか分からず、ポイントが絞り切れていなかった。不祥事からのリカバリーか、若い人が頑張っているということか、鹿児島出身者だからなのか、散らかった印象を受けた。
〇24歳の若さで強豪校の監督になるというのは相当の重圧があると思うので、思い悩んでいるシーンがもっとあると、重みが伝わると思う。
〇留学生の暴力行為が二度と発生しないように、監督は留学生とどのようにコミュニケーションを取っているのか知りたかった。

KTS側の意見要旨

〇楠元監督の中学時代の恩師が延岡学園高校で指導していたため、楠元監督は監督業を学ぶために延岡学園の中学校で教えていた。
〇「ガキ」という発言は、若い監督だからこそ作れる生徒との信頼関係だと思ったので使用した。
〇監督は留学生とのコミュニケーション不足を解消するため、留学生とカフェに行って話しをするなどしているが、時間の関係上、入れることができなかった。
〇番組で伝えたかったのは、本気で頑張っていたら誰かしらアドバイスをくれたり助けたりしてくれるということ。監督はプレッシャーに押しつぶされそうになりながらももがいて、生徒のことを本気で考えていた。今回は、アメリカプロバスケットボール、NBAの渡邊雄太選手の存在が助けになっていた。

委員(敬称略)


委員数9名

・委員長
  佐野 雅昭  (鹿児島大学 水産学部教授)
・副委員長
  深港 恭子  (黎明館 学芸課主任学芸専門員)
・委員
  志賀 玲子  (志學館大学 准教授)
  稲荷田 治美 (南日本リビング新聞社 取締役総務部長兼デリバリー部長)
  西田 和夫  (鹿児島県農業協同組合中央会 常務理事)
  岩田 英明  (合名会社 明石屋菓子店 代表社員)
  東條 広光  (鹿児島県教育長)
  永井 明弘  (庭園設計士)
  新納 剛史  (南日本新聞社 編集局文化生活部長)

・審議回数 年10回 (毎月1回、8月と12月は休会)
・番組審議会の概要は本社・各支社で閲覧できます。

青少年に見てもらいたい番組

かごニュー[月~金] 14:50~15:20
VS嵐[木] 19:00~19:57
チャンネル8[土] 11:30~11:45
GO!GO!チャギントン[日] 06:15~06:30
ボクらの時代[日] 07:00~07:30
ちびまる子ちゃん[日] 18:00~18:30
サザエさん[日] 18:30~19:00