MENU
ON AIR
4:12オープニング
4:20KTSモーニングウェーブ
4:25テレビショッピング
4:55テレビショッピング
5:25めざましテレビ
8:00とくダネ!
9:50ノンストップ!
11:20テレビショッピング
11:25国分太一のおさんぽジャパン
11:30FNNプライムニュース デイズ
11:55バイキング
13:45直撃LIVE グッディ! 1部
14:50かごニュー
15:20テレビショッピング
15:50ぽよチャンネル
15:55HERO
16:50プライムニュース イブニング
18:14KTSプライムニュース
18:52かごしま記憶遺産 〜未来へ伝える43の現風景〜
18:56かごナビ
19:00世界の何だコレ!?ミステリーSP
21:00ホンマでっか!?TV
21:54KTSニュース
22:00梅沢富美男のズバッと聞きます!
22:54ぽよチャンネル
23:00TOKIOカケル
23:40FNNプライムニュース α
24:25「マスカレードホテル」公開記念 木村拓哉×豪華出演者 ここだけ!ぶっちゃけトーク!
24:35キュリオス 〜好奇心の向こう側〜
24:40極道めし
25:35KinKi Kidsのブンブブーン
26:05ぽよチャンネル
26:10テレビショッピング
26:40テレビショッピング
27:10テレビショッピング
27:40ぽよ☆インフォメーション
27:43天気予報
27:44クロージング

ナマ・イキVOICE 毎週土曜日 午後6:30?7:00

Library

1月12日(土)2019年ハッピーの秘訣  

今回のゲストは、今芸能界で最も人気のある占い師。これまで占ってきた人数は55000人以上。独自に編み出した占いはとにかく当たる!と話題に。占い本の累計発行部数は320万部を超える。最強占い師として名をはせる彼の名は―。ゲッターズ飯田。
前回出演終了後、ゲッターズさんは庄村アナウンサーへこう語っていました。
「結婚するなら年内。今年しなかったらしないと思います。全ての男性に好きだと思いながら接してください」
ゲッターズさんに言われてそうなるように努力したという庄村アナウンサー。その言葉通り、去年11月に入籍しました。
常にポジティブな占いで女性たちを勇気づけるゲッターズ飯田さんが、2019年ハッピーの秘訣を教えます!
190112_183034_27190112_183052_05

◆2019年はどんな年 
仕事運UPの秘訣 見習う 
この人みたいになりたいなと思う人や憧れの人、仕事が出来る人などを観察して見習う事によって、仕事運が一気にアップ

金運UPの秘訣 美意識 
部屋を綺麗にする。絵を飾るなど通常より美しい状態にすると金運アップ

恋愛運UP おでこ
おでこをしっかり出して眉幅を少し開けると、2019年非常にモテるそう

◆五星三心占い最強運ランキング2019 
ゲッターズ飯田さんの代名詞、五星三心占いにて、強運ランキングを見ていきたいと思います。五星三心占いはゲッターズ飯田さんが20年かけて編み出した独自の占いスタイルです。
あなたのタイプの調べ方
【ゲッターズ飯田の五星三心】
まずは上のリンクにアクセスしてください。

①あなたの星とタイプを計算をクリック
②自分の五星三心を確認する
③生年月日を入力し五星三心を鑑定するをクリック

最初に出てきたのがあなたのタイプです。
190112_183018_00190112_183746_03

1位 金のカメレオン
仕事もお金も恋愛も”現実的な幸運”を手に入れられる最高の年です。優柔不断にならずに、考える前にまず行動を起こすことで開運の大波に乗ることができるでしょう。
190112_184336_25
2位 銀のカメレオン
年末にいい出会いがあります。片想いの恋は夏までに清算してください。

3位 銀の時計
解放の年である2019年は恋愛面に運気の良さが表れます。新しい挑戦も◎。

190112_184231_23

4位 銀のイルカ
結婚するなら上半期がおすすめ。思い立ったら早めに行動しましょう。

5位金の時計
2019年は仕事や勉強に身が入らず、誘惑に弱くなるので注意しましょう。

190112_184202_20

6位 銀の鳳凰
年の前半が大事。変化が苦手でも自分が「こうだな」と思ったらすぐに変えましょう。

7位 金の鳳凰
夏以降、運気が上昇!特に仕事で忙しくなりそう。体調だけ気を付けて。

190112_184126_14

8位 金のインディアン
新しいことに挑戦した人はさらに挑戦する年。イメチェンや引っ越しをすると◎。

9位 銀のインディアン
2018年11月からようやく辛い時期を抜けます。次のステージへ進む時です。

190112_184105_21

10位 金の羅針盤
積極的に行動するといい流れになります。身近な人が離れる覚悟をしましょう。

11位 銀の羅針盤
人に振り回されたとしても、「こういう人がいるんだな」と思っておくといいでしょう。

190112_184000_19

12位 金のイルカ
開運期が終わり、「乱期の年」へ。壁や試練を感じる年ですが「こういう年だから。」と受け入れて、流れに逆らわず身を任せることが乗り切る鍵でしょう。

190112_184403_25

◆2019年開運アクション   
2019年の開運アクションは古いもの、伝統あることに触れること!ということでナマ・イキVOICEでは古いこと、伝統あることを踏まえていくつかピックアップしてみました。

神社へ行くなら由緒ある一之宮 
まずは鹿児島県の中でも由緒ある格式高い神社と位置づけられている一ノ宮の3つの神社、薩摩川内市の新田神社、霧島市の鹿児島神宮、指宿市の枚聞神社です。
190112_184949_11

伝統ある「ホンモノ」に触れる 
1300年の歴史を持つ「本場大島紬」と400年以上の歴史を持つ「薩摩焼」。普段はなかなか手が出せなくても、たまには「本物」に触れてみるのも良いかもしれません。

190112_185041_27

悠久の自然を感じる 
屋久島・縄文杉は言わずと知れたパワースポットですが、その気にならないとなかなかいけない場所。縄文杉の他にも、豊かな自然に触れることができる今年是非行ってもらいたいスポットです。

古くから続く民俗芸能を体感する 
ユネスコ無形文化遺産に登録されたばかりの悪石島のボゼ祭りと硫黄島の八朔太鼓踊り。この機会に鹿児島の伝統的でユニークな文化に触れてみるのも良いかもしれません。

(2019/01/12)

12月22日(土)今日は、本を読もう。 

最近、本読んでますか?
今年ももうすぐおしまいで、仕事がお休みの日も多くなるこの時期。
ちょっと本を手にとってみませんか?

書店スタッフ、本好き女子10人に、今年心に残った一冊セレクトしてもらいました。 

自分を磨いてちょっと心も豊かにしてくれる、あなたにぴったりの1冊お届けします。

◆津津(しんしん) 南さん                     
鹿児島市西田小学校のとなりにある、小さな本屋さん「津津(しんしん)」。店内は本棚が2つにテーブルとイスがあって、本屋さんと言うよりは本好きな人の書斎にいるみたい。オーナーが海外や国内を転々とする事が多いので、そこで買い付けた本を中心にセレクトしている本屋になります。オーナーの中原慎一郎さんは、オリジナル家具でショップの展開からブランドプロデユースまで幅広く手がけている方です。本好きな事もあって、地元鹿児島に本で人が集まる場所を作りたかったそう。来年を新たな気持ちでスタートできる1冊、紹介してもらいました。
181222_183520_03
『知られざるジョージアオキーフ』    
著者:アニタ・ポリッツアー 訳者:荒垣さやこ 発行社:晶文社

風景、花、動物の骨だけをテーマに描き続けた、20世紀アメリカを代表する女性画家ジョージア・オキーフ。1900年代、まだ働く女性が生きづらかった時代に、画家として自分を貫き通した彼女の実話です。すごく強い女性でちょっと冷たそうな印象はあるけど、その中に見える人間の温かさがぐっとくるんだそうです。今の時代の働くわたしたちの何かヒントになる1冊かも。
181222_183340_09181222_183418_24181222_183350_26181222_183508_28

information
【津津(しんしん)】
住所:鹿児島市西田3-4-29 亀田ビル102
Instagram shinshinbooks

◆古本屋ブックスパーチ 諏訪田さん

今年9月にオープンした、鹿児島市泉町にあるトマルビル。音楽、アートなど楽しいカルチャーがたっくさん詰まった場所です。その1階にあるのが古本屋ブックスパーチ。海外文学や歴史、思想系の本から、芸術とか目で楽しめる本、小説とかエッセイまで。小さな空間にいろんなジャンルの本が並んでいます。古本は新刊と違って増刷もないので、ここで出会ったが奇跡の1冊。店主の諏訪田さんも、今年古本屋さんで1冊の本に出会いました。

『地震と独身』    
著者 酒井順子 発行所:新潮文庫刊 

181222_183647_02
東日本大震災以降、震災をめぐる家族の物語はいろいろな形で伝えられてきましたが、独身者の声はあまり聞こえてきません。自身も独身の作者・酒井順子さんが、現地を訪れ独身者たちとの対話を重ねてみえてきたものが書かれています。諏訪田さんも独身で震災の時は東京にいました。その人にはそれぞれその人の人生がある、そういう事を知ることができる一冊。本は知らなかった本当の出来事を教えてくれます。
181222_183539_06181222_183533_08181222_183610_27181222_183722_04

information
【古本屋ブックスパーチ】
住所:鹿児島市泉町1-8 トマルビル1F
営業時間:10:00~19:00
営業日:火・金・日曜日

◆今年のベストセラー本、紹介します。
オプシアブックスミスミの今年の売上1位は、漫画『君たちはどう生きるか』でした。書籍ではなくて圧倒的にこの本が人気だったそうです。ちなみに書籍では、映画にもなった『コーヒーが冷めないうち』にが一番売れたんだとか。まだ読んでいない人はこの機会にぜひ読んでみては?
漫画『君たちはどう生きるか』    
原作 吉野源三郎 漫画:羽賀翔一 発行所:マガジンハウス

181222_183820_17
大型書店のスタッフさんってやっぱり本好きが多いみたい。この春社会人になった新人スタッフ・野中さんに、今年読んだ本で心に残った1冊を聞きました。
         
『相手もよろこぶ オトナ女子の気配り帳』    
編者 気くばり調査委員会 サンクチュアリ出版 

181222_183906_07
チョイスが新人さんならではですよね。よくあるマナー本のかた~い感じではなく、簡潔な文章とイラストがいいんだって!野中さんもこの本の内容を実践しているそうですよ♪この本を読んで、新しい年明けて頑張ろうって気持ちになってみてください。
181222_183902_28181222_183920_06
              

◆本好き女子 学校司書 和田さん
小学校の図書室の先生に本の楽しさを教わったた人も多いのでは?鹿児島市玉江小学校の司書・和田幸子さんもそのひとり。学校で扱う本は児童書がほとんどだそう。その中から和田さんおすすめの1冊を教えてもらいました。

『しかもフタが無い』    
著者:ヨシタケシンスケ PARCO出版 

181222_184824_19
子どもたちにも人気の絵本作家・ヨシタケシンスケの本。作家が日常で思った事、感じた事のスケッチとちょこっとしたメモものっています。何かクスっとしたり、あー、そうだよなーってしみじみする、オトナになった今だからこそいろんな意味が分かる本なのかもしれないですね。
181222_184724_29181222_184734_19181222_184804_02181222_184813_26

◆本好き女子 ナマイキ倶楽部員 田上さん
本好き女子は、本のある空間が大好き。ナマ・イキ倶楽部員の田上玲奈さんは、仕事終わりやお休みの日は県立図書館で過ごすのが日課。しずか~な図書館で読書する時間が一番落ち着くんだって。
田上さんにとって本は元気の源。今年はこの本に元気をもらいました。

『稽古とプラリネ』    
著者:伊藤朱里 出版社:筑摩書房

181222_184931_14
太宰治賞受賞作家・伊藤朱里さんによる、お菓子作りにお茶といろいろなお稽古事を体験するアラサー女子フリーライターのお話。アラサー女子の心にぐっとくるツボが満載の内容で、田上さんは勇気をもらえたそうです。
181222_184841_20181222_184907_25

◆本好き女子 新聞の書評を書いていた 下池さん
いい本を見つけたい時は、南日本新聞の書評が一番。この記事を書いてる人ってたくさんの本を読んでそうですよね?今年の2月まで書評を書いていた、下池奈津子さんにお話を聞きました。趣味が多彩な下池さんは、ミュージシャンでもあり、映画の上映会をやってみたり、話家さんを呼んで落語会を開いたりと色々な活動をしています。ちなみにお仕事は刺繍屋さん。そんな下池さんが選んだ1冊はがこちら。

『僕たちはファッションの力で世界を変える』    
著者:井上聡・井上清史 版元:PHP研究所

181222_185043_11
デンマークで生まれ育ったイノウエ兄弟がファッションブランドを設立。ファッション業界にいながら大量生産・大量消費社会に反旗を翻した兄弟の仕事の流儀が書かれています。「自分のわくわくする気持ちを殺さないでほしい」、イノウエ兄弟のその熱を感じてほしいです。
181222_184955_20181222_185022_11181222_185104_17181222_185051_12

◆本好き女子 映像ディレクター 小久保さん 
レコードやCDのジャケ買いがあるように本のジャケ買いしている人も。主に音楽ライブの撮影や編集をしているビデオグラファーの小久保葵さんは、出張や旅行先の本屋さんで思い出の一つとして本を買うんだそうです。
今年も旅先でパッと目をひく本を手にとりました。
「なんとなく目にとまってちょっとかわいいなっと思って買ってみたんですけど、想像とは全然ちがいました」

『菜食主義者 (新しい韓国の文学 1)』    
著者:ハン・ガン 訳者:きむ ふな 発行所:クオン

181222_185222_10
鮮やかな朱色のたまねぎが描かれた装丁とタイトルがインパクトある一冊。突然お肉を一切食べなくなった主婦の家族や周りの人に色々な問題が起きるお話です。
「ちょっとこわい。読みながら逃げ出した気持ちになるんだけど、でもどうなるから気になるから読んじゃうみたいな…」
はらはらどきどき。泣きそうになる位の狂気と美を兼ね備えた一冊です。
181222_185133_18181222_185239_16

◆本のある場所、いってきました。生活道具デシリットル 
本のある場所を求めて向かったのは、志布志。国道沿いにあるお店、「生活道具デシリットル」です。
キッチン用具がぶらさがっていたり、パスタがおいしく作れそうなエプロンに、パンツまで――ありそうでなかった生活道具がところ狭しと置いてあります。その中に本も並んでいました。
「志布志に書籍を扱う本屋さんが減っていて、本のある風景というのを子ども達にも見慣れてほしい。生活の中に本を馴染ませてほしい」
そんな想いで店主の生重雅代さんが本を揃えています。生重さん自身もお掃除やお料理など生活の知恵を本から学んでいるそう。生活を豊かにしてくれる本は、時には人と人を繋げてくれることも―。
181222_184000_27181222_184031_09181222_184022_12181222_184055_00
『あん』    
著者:ドリアン助川 発行所:ポプラ文庫

181222_184135_29
ハンセン病の元患者と中年のどら焼き職人のふれあいを描いた、映画にもなった作品。生重さんは「たまにはシネマ」という映画サークルを年に1度開いていて、原作「あん」に惹かれて映画を上映しました。その時に鹿屋在住の料理人・渡邊和泉さんに、作品に出てくるどらやきを作ってもらう依頼をしたんだそうです。渡辺さんもこの作品が好きだったそうで、わざわざその役のコスチュームで映画会に来てくれました。これをきっかけに二人は本を貸し借りする仲に。渡辺さんが食いしん坊の庄村さんの為に、おいしい本も紹介してくれました♪
181222_184151_01181222_184205_01181222_184209_23181222_184214_07
『たすかる料理』    
著者:按田優子 発行所:リトルモア

181222_184237_09
東京で行列の絶えない「按田餃子」の店主・按田優子さんが書いた、適度なずぼらを提案してくれる料理本です。

information
【生活道具デシリットル】
住所:志布志市志布志町帖7055
TEL:090-9713-1653
営業時間:11:00~17:00
定休日:水曜日

◆本のある場所、いってきました。 珈琲ポランカ  
コーヒーを飲みながら本を読める場所、鹿児島市名山町にある「ポランカ」。旗が立っている時はお
入ってすぐのところに積み重なっているのは本。ここの店主・ゴローさんは本好きということもあって、お客さんが本を持ってきてはそのまま置いていったり、その本を別のお客さんが借りてここで読んじゃうこともあるんだって。ゴローさんにおすすめのコーヒーと1冊、お願いしました。
181222_184310_07181222_184336_26
『麦ふみクーツェ』    
著者:いしいしんじ 発行所:新潮社

181222_184356_28
音楽家をめざす少年の物語です。ちょっと分厚さが気になりますが、読んでみると絵本を読んでみたいに物語がすっと入ってきます。淹れたてのコーヒーを飲みながら本を読む。忙しい毎日の中でほっとできる場所です。
181222_184350_21181222_184429_00
information
【珈琲ポランカ】
住所:鹿児島市名山町8-8

(2018/12/22)

12月15日(土)今こそ!お部屋をステキにチェンジ♪

モデルハウスのような、オシャレな部屋…こんな部屋に住みたい!と思いきや、
元はこんなにちらかった、残念な部屋!
年末年始、今こそ自分のお部屋キレイに素敵に変えてみませんか?
部屋の片付けやインテリアのコツについてその道のプロが徹底解説!
「自分の部屋が一番大好き」
そんな空間、あなたもつくってみませんか?

◆整理収納アドバイザーに聞く!片付けのコツ
まずはみんなの理想のお部屋について聞きました!
「おしゃれな部屋に住みたい」
「統一感を出したいけど今はバラバラな感じ」
「スッキリして、居心地が良いシンプルなお部屋にしたいです」
「女子力のある部屋にしたいけど無理。めっちゃ汚い」
「めっちゃ散らかってます」
などの意見が。理想のお部屋の前に、片付けが必要…という人も多いみたい。

ナマイキVOICEアシスタントディレクターの宇木 千紗ちゃんのお部屋を訪ねました。早速お部屋を見せてもらうと、まず目につくのは床にごちゃごちゃーっと置かれた洋服やカバン。すごく汚いわけではないけど、モノが重なっていたり使ったらそのまま置きっ放しにしているものが目に付きます。宇木ちゃんの部屋を綺麗にするため、鹿児島市を中心に活動している整理収納アドバイザーのサチさんに来てもらいました。片付けをする前に、まずはどんな風に過ごしたいか自分のコンセプトを決めると片付けがスムーズにいくそうです。今回のコンセプトは「のんびりくつろげる部屋」。
181215_183229_16181215_183248_23181215_183317_24181215_183356_06
まず部屋の中の物を要る物と要らない物に分けます。ポイントは要る物をさらに分類すること。いつも使うものとたまにしか使わないものが決まっていると思うので、一軍と二軍に分けて、さらに二軍の中から不要なものを排除していきます。コロコロは一軍、ポーチは毎日使わないので二軍みたい。分類には実用性だけではなく心への影響も大事です。
181215_183454_19181215_183530_18
つづいて分類した一軍のモノを配置していきます。よく使う一軍は使う場所の近くに収納!収納場所が離れていると、ついその辺に置きっぱなしにしてしまうからです。本の収納にも技あり!巻数が揃っていないものはあえて横に置いてブックエンド代わりに。「くつろげる部屋にしたい」というコンセプトに沿って、目に付きやすい上の段には色紙や写真など心やすらぐものを置きました。
続いては2軍。あまり使わない2軍はボックスなどに入れて目に付かない場所にしまっておくのが鉄則!化粧品やケア用品なども、毎日使うもの以外は見えないようにフタをしておきましょう。
181215_183610_29181215_183636_20
サチ先生、買ってきたオシャレなボックスを玄関に持って行きました。なんと床にごちゃごちゃ散らかっていた上着やバッグを、ボックスに入れて玄関に置いちゃうんです。宇木ちゃんのお部屋、とってもスッキリ綺麗になりました!しかもなんだか広く見えます。毎日過ごす空間、自分のためにちょっと頑張って綺麗にしませんか?
181215_183711_28181215_183725_07

◆素敵に植物を飾りたい・Teboya
お部屋を素敵にしてくれるものを求めて、いちき串木野市にある花やグリーンの専門店、Teboya(テボヤ)を訪ねました。お店の中には植物と雑貨がオシャレにディスプレイされています。実はこちらはナマイキのスタジオをいつもオシャレに飾ってくれているお花屋さんなんです。自分のお部屋でも素敵に植物を飾るにはどうしたらいいのか、そのコツを聞きました♪
181215_184110_10181215_184132_18
「空間をもうちょっと考えてあげたらもっと素敵になる」
植物をただ置くのではなく、まわりの空間も飾っていく事がポイント。テーブルの上の花瓶もセンス良く飾りたいときは、テーブル上で飾る場所を区切るとディスプレイしやすいんだそう。もうひとつのポイントは、高さを出すこと。印象が変わり、さらにおしゃれになります。Teboya流ディスプレイ術で身近にあるものを使ってオシャレ空間を作りましょう♪
181215_184144_21181215_184218_05181215_184249_17181215_184303_01
information
【Teboya(テボヤ)】
住所:いちき串木野市照島5085-1 1F
TEL:0996-21―2634

◆レトロな家具や雑貨を飾りたい・道具商 太郎屋
お部屋のインテリアに取り入れてみたい珍しいものを集めている倉庫、「太郎屋」。中に入ると懐かしい雰囲気の家具や雑貨が並んでいて、古めかしいけど素朴なぬくもりを感じます。倉庫を管理しているのは、道具商の辻康太郎さん。まだ使えるのに捨てられてしまうモノを、少しでも減らしたい。古い家具や雑貨を集めてフリーマーケットなどで販売しています。
「生活を支えてきた、味のある頼りがいのあるものたちだと思います。そういったところが僕は魅力に感じます」そう語る辻さん。
戦前から使われていたモノもあるという古い道具たち。その中にオシャレなガラスケースを発見しました。
「前のオーナーさんはこれが決してオシャレだと思って使ってないだろう。また使い手さんが変わればぐっとオシャレに見えるし。そこがおもしろいところ」
捉え方次第で古い道具に新しい魅力が生まれる。「モノを大切に」という願いが詰まった場所でした。
181215_184318_21181215_184329_26181215_184354_28181215_184426_06

information
【太郎屋】
住所:鹿児島市東郡元町14-22

◆手作りのキャンドル専門店・le coel
南九州市の「le coel(ルクール)」は手作りのキャンドル専門店です。様々な色や形のキャンドルは、インテリアとしても素敵なものばかりです。店主の小川さんは火を灯した時の感動をみんなに知ってもらおうと、ご自身でキャンドルを作るまでに。「灯してこそ美しいキャンドル」を目指して、お店をオープンしました。le coelという店の名前はフランス語で「心」という意味。灯した時に誰かの心を癒やせるような明かりになれば、という思いで付けられました。お店ではキャンドルを手作りするワークショップも行っています。自分で作ったキャンドルは、部屋も気持ちも一層あたたかくなりますね。
181215_184448_09181215_184500_29181215_184530_02181215_184610_11
キャンドル作りワークショップ 2000円(税込)~ 要予約

information
【le coel】
住所:南九州市 野間4961-1
TEL:090-5737-0986

◆家具の専門店・オンリーワン
宇木ちゃんの部屋をオシャレにしたい!という事で、家具の専門店・オンリーワンを訪ねました。迎えてくれたのは社長の佐々木さん。家具は大きな買い物なので部屋全体のテイストを最初に決め、それに合わせて家具を選ぶ事が大事なんだそうです。宇木ちゃんはちょっとスタイリッシュで落ち着く、でも女の子っぽすぎない感じにしたいみたい。インテリアのプロ・佐々木さんのアイデアで、今回は高いデザイン性と部屋へのなじみやすさが人気の北欧ヴィンテージ風の家具を選ぶ事になりました。インテリアでは色選びも重要。いろんなテイストと調和しやすいベージュやグレーはインテリア初心者にお勧めです。部屋を広く見せたり、雰囲気を和らげる効果もあるんですって。同じ家具でも小物づかいでも色で違いがでてきます。ちなみに部屋に使う色は3色か4色以内にするとオシャレにまとまるそうです。でも選んだモノの色やテイストが合っているかどうかちょっと自信がないですよね?そんな時は購入予定の商品の写真を撮ってきて、その場で合わせてみれば解決です。
181215_184814_19181215_184857_17181215_185003_16181215_185039_05
佐々木さん「調和の取れたお部屋で暮らすことによって、人生が良くなると思う。心地よく満足間の高い部屋でいつも気持ちよく。世界で一番部屋が好きっていうふうになったら嬉しいなと」
早速宇木ちゃんのお宅に。殺風景だった部屋が北欧ヴィンテージ風で揃えたインテリアのおかげで、スタイリッシュかつ落ち着ける空間になりました。部屋を変えれば気持ちも変わる。自分だけの素敵な空間が、あなたの毎日をもっと明るくしてくれます。
181215_185113_22181215_185150_26

information
【オンリーワン】
住所:鹿児島市与次郎1丁目5-5
TEL:099-259-5111

◆12月15日OA MCスタイル◆

    namaiki
 
<衣装協力>
庄村アナウンサー
MANA
天文館アーケード『ぴらもーる』内にあります

美川アナウンサー
MYRRH
アミュプラザ鹿児島2階にあるお店です

(2018/12/15)

12月8日(土)クリスマスコレクション

クリスマスまで2週間あまり。
今年はどんなプレゼントを選びますか?
売り切れ間近の限定コフレに、バッグ、アクセサリー。
大切な人と一緒に過ごせるニューオープンのスポットも!

今年1年頑張ったあなたに!
とっておきのプレゼント、紹介します!

◆限定コフレ ANNA SUI
毎年クリスマス限定コフレが発売になった途端に売り切れちゃうという、人気のブランド「ANNA SUI(アナスイ)」。残りわずかの限定コスメ、幸せの青い孔雀をあしらったピーコックシリーズ「トリートメントコフレ」を見つけました。宝石箱のようなボックスの中にはリップとハンドクリームが。トリートメントリップバームは、ナチュラルに色付く赤みのあるカラーで口元をケアしてくれます。ハンドクリームは美白有効成分 ビタミンC誘導体を配合。まるでホイップみたいなクリームを絞り出せば、フローラル系の爽やかな香りに包まれます。潤いが舞い降りる孔雀のコフレ。ANNA SUIではフレグランスを買った方にボンボンチャームをプレゼント中です。
ピーコックシリーズ トリートメントコフレ <クリスマス限定> 3,800円(税別)
181208_183350_09181208_183402_13181208_183419_02181208_183436_20
information
【ANNA SUI(アナスイ)】
場所:山形屋2号館1F
TEL:099-227-6869

◆限定コフレ JILL STUART
女子の好きなかわいいが詰まった「JILL STUART(ジルスチュアート)」。鹿児島で唯一手に入れることができるのが、天文館はいから通りにあるコスメショップ・紅屋です。ジルスチュアートのクリスマス限定コフレは毎年大人気!今年のホワイトラブストーリーコレクションも売り切れ必至です。雪の結晶が施された限定ポーチ・スノードームの中には限定コフレが4つも入っています。雪の舞う中にハートが浮かび上がるようなデザインのフェイスパウダー。ホワイトをベースにピングやライトパープルなどで、雪のような透明感あふれるピュアな肌と明るさを演出します。柔らかい光と雪のきらめきをイメージしたアイカラーは、ラメのホワイトやゴールドなど6色のセットで目元を彩ります。ボリュームと長さをプラスしてくれるマスカラに、ラメが入った濃厚なツヤがきらめくリップグロス。ポーチを開くたびに幸せが広がりそう♪
181208_183452_23181208_183458_20181208_183508_20181208_183519_25
コフレ以外にもこの冬押さえておきたいアイテムが。トゥインクルグロウマルチスティックは唇や、目元、ほおの高い所に塗ると、艶やかな輝きを演出してくれる優れもの。雪の結晶のような繊細なきらめきを放つスノーイーパステルネイルズは、速乾性に優れ美しい仕上がりに。今年はジルスチャートで雪のような透明感を手に入れて、ロマンチックな冬を過ごしてみませんか?
ジルスチュアート ホワイトラブストーリーコレクション<クリスマス限定> 7,500円(税別)
トゥインクルグロウマルチスティック<限定2色> 2,800円(税別)
スノーイーパステルネイルズ<限定5色> 1500円(税別)
181208_183545_02181208_183600_28

information
【紅屋】
住所:鹿児島市中町2-13
TEL:099-226-7520

◆限定コフレ コスメキッチン
ナチュラルでオーガニックなコスメが世界中から集まるセレクトショップ「コスメキッチン」に、肌を優しくいたわる特別なセットが登場しました。ふんわりとした冬の肌を作ってくれる、ナチュラグラッセベースメイクコレクションです。カラーコントロールベースは、バイオレットカラーでくすみのない透明な肌に仕上げます。そしてクリームファンデーションでハリと艶のある肌に。仕上げはフェイス&チークパウダー。ホワイトはTゾーンや頬のメイクの仕上げ、ラベンダーカラーのパウダーはハイライトに。コーラルとピンクはチークとして使えます。メイクでありながらスキンケア仕立てのナチュラグラッセ。100%天然由来のコスメは軽やかで使い心地抜群です。
ナチュラグラッセベースメイクコレクション<数量限定> 5,616円(税込)
181208_183617_13181208_183633_19181208_183701_21181208_183714_05
information
【コスメキッチン】
場所:マルヤガーデンズ1F
TEL:099-248-7791

◆アクセ・小物篇 ete
仕事でもプライベートでも活躍するデザインが人気のショップ「ete」 のクリスマス限定アクセサリー、ルーチェシリーズ。ルーチェはイタリア語で光という意味。キラキラ輝くストーンは水面に映る夜景、パールは月をイメージしていて、身につけているだけで大人の雰囲気を演出してくれそうです。三連リングは限定ボックスがセットになっています。夜を紡ぐ光のストーリーが詰め込まれたこの冬の限定シリーズ。セットで使うのもおすすめです。
クリスマス限定セットリング ルーチェ 21,600円(税込)
クリスマス限定ネックレスルーチェ 16,200円(税込)
181208_183955_14181208_184003_30181208_184025_05181208_184031_10

information
【ete】
場所:マルヤガーデンズ1F
TEL:099-227-8195

◆アクセ・小物篇 精光堂
クリスマスプレゼントには時計が欲しい!そんな人にオススメなのがアクロスプラザ与次郎にある精光堂。次世代に受け継ぐ時計をコンセプトに、スイスの高級腕時計をはじめ国産ブランドの時計を豊富なラインナップを取り揃えています。女性にオススメのブランドを紹介してもらいました。セイコールキアメカニカルはクラシックでエレガントなフェイスが特長。2つ目のシチズンクロスシー、ティタニアラインのコンセプトは自分だけの宝石箱。ストーンをちりばめた上質なデザインが特長です。コーチのティタムは、スワロフスキー製のクリスタルで囲まれたダイヤルが特長です。
181208_184049_13181208_184101_25181208_184114_29181208_184125_13
スイスの腕時計メーカーハミルトンは、高くて手が出ない機械式の高級腕時計の中でも手に入れやすい価格が特長。精光堂ではハミルトンウィンターコレクションを12月30日まで開催中です。商品を購入するとオリジナルノベルティをプレゼント!ぜひこの機会に行ってみて♪
セイコールキア メカニカル 46,440円(税込)
シチズンクロスシーティタニアライン 81,000円(税込)
コーチ ティタム 54,000円(税込)
ハミルトン ジャズマスターオープンハート 138,240円(税込)
181208_184130_24181208_184135_04

information
【精光堂鹿児島店】
場所:アクロスプラザ与次郎1F
TEL:099-204-7566

◆アクセ・小物篇 ケイトスペード
シンプルだけどデザイン性の高いアイテムが揃う、ケイトスペード。ニューヨーク生まれのこのブランドは、持っているだけでワクワクする遊び心満載です!そのケイトスペードのクリスマス限定バッグ・ヘイズストリートリックスサムは、ケイトスペードらしい上品なボディに色んな形のラインストーンが散りばめられたラグジュアリーなバッグ。内側は3つのコンパートメントに分かれていて使い勝手も抜群。取り外し可能なショルダーストラップ付でスタイルや用途に合わせてアレンジできるのがポイントです。
もう一つオススメなのは、グリッツィーリッツィースカイラインマーシー。バッグに施されているのはニューヨークの摩天楼の街並みと星空。何とこの星空、光るんです!LEDライトが付いていてクリスマスの夜をより一層ロマンティックにしてくれそうです。
ヘイズストリートリックスサム 79920円(税込)
グリッツィーリッツィースカイラインマーシー 69,120円(税込)
181208_184159_11181208_184221_22181208_184226_20181208_184248_08

information
【ケイト・スペードニューヨーク】
住所:アミュプラザ鹿児島本館1F
TEL:099-206-2666

◆グランピングでクリスマスパーティー♪
今年はいつもと違うクリスマスを楽しみたい!庄村アナウンサーのオススメスポットがあるということで、ナマ・イキ倶楽部員の2人を連れて、さつま町の観音滝公園に向かいました。観音滝公園は夏はキャンプ、秋は紅葉が楽しめる場所です。こちらでは今年から初の試みでクリスマスシーズンのグランピングが体験できるんです。グランピングとはグラマラス(魅惑的な)とキャンプを合わせた造語で、アウトドアの醍醐味とテントの中のオシャレな空間を一緒に楽しめる贅沢なキャンプのこと。自然に囲まれた贅沢なキャンプでクリスマスパーティーやっちゃいます!
181208_184652_24181208_184720_01
まずは3人はお気に入りのグッズでテントを飾りつけ♪クリスマス気分、盛り上あがってきました!そしてお待ちかねの夕食はBBQ。牛肉・豚肉・鶏肉とすべて味付けがされています。BBQと言えば火おこしや片付けが面倒ですが、グランピングのBBQは焼いて食べるだけで良いんです。ご飯を食べた後はあったかいテントの中で星空を待ちます。でもこの日は天気が悪くて見えず…でも女子トークで盛り上がったので、こんな楽しみ方もいいよね。友達や同僚など大切な人と自然の中で過ごすクリスマス、いかがですか?
181208_184737_11181208_184830_01181208_184854_29181208_184902_21
information
【観音滝公園】
住所:薩摩郡さつま町中津川7601
TEL:0996-58-0889

グランピング<女性4人用>※予約制
料金:一泊二日一人 8,900円(税込) 夕食BBQ 一人2,500円(税込)朝食 一人800円(税込)
チェックイン14時 チェックアウト10時

◆12月8日OA MCスタイル◆

    1208
 
<衣装協力>
庄村アナウンサー・美川アナウンサー
Rouge vif
アミュプラザ鹿児島2階にあるお店です

(2018/12/08)

12月1日(土)after report!! ナマ・イキVOICE アートマーケット

第24回ナマ・イキVOICEアートマーケット。今回も県内外から多彩なアートが集結しました。ナマ・イキVOICEアートマーケットの前日。会場となるアミュプラザ鹿児島に続々とアーティスト達が集まりました。たくさんの荷物を携え、いざ発表の場へ。明日の本番を前に参加者達は様々な想いを胸に秘めていました。この鹿児島でアーティスト達にとって貴重な発表の場となっている、アートマーケット。きっかけは、1通のメールでした。
「鹿児島のアーティストに発表の場を!」
この声を受け、ナマ・イキVOICEではこれまで17年にわたって、作家達と共に鹿児島のアートを発信してきました。アートマへの参加を機に、日本全国で活躍するようになったアーティストも出ています。
24回目の開催を迎えた、ナマ・イキVOICEアートマーケット。78組のアーティスト達が参加しました。絵画やオブジェ、彫刻などアーティスト達の情熱が詰まった渾身の作品が、今年もアミュプラザ鹿児島に大集合しました!アミュプラザ鹿児島には2日間でおよそ11万人が来館し、作品を見たり買い物を楽しんだり。
表現したい、伝えたいという情熱。アートにかけるそれぞれの想いに迫りました。
181201_183016_03181201_183039_24181201_183150_16181201_183325_04

◆夢夢(イラスト)
早速美川アナウンサー、お気に入りのアートを発見。イラストレーター・夢夢(むむ)さんの作品です。女の子たちを優しく可憐に描いていました。
「女の子を描くのが好きなんですけど、横顔が一番キレイに見えると思って描いている」
大好きなもの、キレイなものを作品にしたい。そんな想いがこめられています。
181201_183415_04181201_183428_29

◆村岡寅則商店(和菓子アクセサリー)
季節の果物や、練り切りなど、和菓子をモチーフにしたアクセサリーを販売している。特殊な粘土を使って和菓子の質感を表現したこのアクセサリーは、海外の展覧会でも人気を集めています。 
181201_183446_19181201_183511_02

◆河童モルヒネ(漫画芸術)
多くの作家が美しいアートを追求する一方、ネガティブなパワーを作品にぶつけたアーティストもいました。漫画家・河童モルヒネです。映画館の一角には彼の作った不気味なオブジェや絵画が並んでいます。作品のテーマは「地獄」。
「本当にネガティブなパワー。かなしい、さみしい、辛いみたいな想い」
強烈な印象を与えるこの地獄アートに、訪れる人も興味をそそられていました。
181201_183541_19181201_183545_24

◆みずもとみほ(コンピューター・グラフィックス)
訪れる人に向けてライブペインティングを展開していた、初出展のみずもとみほさん。実は人前で絵を描くことは、彼女にとって大きな挑戦でした。以前は絵を描いていることを隠していた水元さん。しかし知り合いのイラストレーターから「もっと表に出そう」と励まされ、絵を公開するようになりました。毛並みの1本1本までこだわった動物たちのイラストはペットを飼う人の人気を集めています。
「批判されたらどうしようとか、認められなかったらどうしようとか…別にそんなことはなくて、ありがたいなって思います」
作品に込めた想いが認められる。訪れる人、作家、アートで心が通った瞬間でした。
181201_183629_02181201_183709_22

◆yaya(彫刻・絵画)
作家達の自由な表現の場、アートマーケット。今回はいろんな仕掛けがありました。渡り廊下の隅に置かれた男の子の彫刻。あれ、どうしたのかな?そう思って近づいてくる子どもたちも。
「ちょっと人目についてぎょっとされるようなところに置こうと思いまして」「反応が一番欲しいので」
181201_183942_03181201_183954_14

◆ayachi
トイレでおじさんをモチーフにした巾着を見つけました。これまでは館内で展示販売していましたが、今回は置く場所もアートとして作品を並べたそうです。
「日常の中におじさんがあると良いなと思って」
自分のアートを身近に感じてもらいたい。そんな仕掛けだったんですね。

181201_184046_22181201_184113_18

◆演劇集団宇宙水槽(シチュエーション屋)
中には参加型のブースもありました。
「やめて!私のために争わないで!」「犯人はこの中にいる!」
どこかで聞いたような台詞…!演劇集団宇宙水槽では、一度は言ってみたい名台詞をお客さんに言ってもらうためのシチュエーションを用意してくれていました。
181201_184154_27181201_184244_25

◆審査開始
大寺聡さん
鹿児島在住のイラストレーター・大寺聡さん。鹿児島マラソンのポスターデザインを手がけ、過去4回、アートマの審査員を務めています。作家たちのデビューも後押ししてきました。

松井えり菜さん
審査員初参加、松井えり菜さん。若手アーティストの登竜門であるGEISAIで、金賞を受賞した画家です。2016年には霧島アートの森で個展を開催しました。
遠藤一郎さん
3年連続で審査員を務める遠藤一郎さん。車で全国各地をまわる芸術家で、アートマで出会った作家を全国の展示会で起用するなど、鹿児島のアートを盛り上げる立役者です。
181201_184500_26181201_184505_25
午前10時、審査が始まりました。ブースを一つずつ見てまわり、評価していきます。審査の一方で、作家へのアドバイスもしていました。作家にとってよりレベルの高い作品作りにつながる貴重な時間にもなっています。審査が終わり控え室へ。およそ1時間の協議の末、グランプリから上位3組が決まりました。

◆アートマコンテスト 結果発表

グランプリ 永石浩幸 (絵画)  
drsv0i1vsaagbn3

白と黒で大きなキャンバスに描かれた抽象画が、審査員たちを惹きつけました。妖怪や魔界の生き物など、想像上の世界を表現したいという想いが作品に強くに現れていると評価されました。アートマの最中に彼の絵を買っていく人も。
「見えないものが好きなので。彼はそういうのを描いている」

181201_185027_08181201_185036_23
 
準グランプリ Keylyon (イラスト)
drsw2buvaaifbup

準グランプリはKeylonさん。Keylonさんの作品には、子ども達への大切なメッセージが込められていました。
「自分の父親が39歳で亡くなった。自分がいなくなった時に子ども達に伝えきれないことを絵にした」

181201_184909_02181201_184927_03

 
第3位 ダイクヨシキ (Portrait)  
drsxvwfvaaa6vdh

3位に選ばれたのは、ダイクヨシキさん。3人の専門家の肖像画と、プロフィールなどを飾ったシンプルなアートですが、描かれているのは全て架空の人物。文字を読み込ませることで見る人を引き込み、思考や想像力までをアートと捉えた作品です。

181201_184823_18181201_184849_10

◆Lily(アクセサリー)
アミュ広場の一角で手作りのアクセサリーを販売している、アクセサリー作家のLilyさん。アートマ開催のきっかけとなるメールを寄せてくれたその人です。
「物作りをすることはやめられない」「小さな作品、小さなアートだけど発表する場があって嬉しい」

アートを愛する1人の女性の叫びから始まったナマ・イキVOICEアートマーケット。鹿児島の秋に今年もアートの花をそえました。
181201_185318_17181201_185404_06

◆12月1日OA MCスタイル◆

    %e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1
 
<衣装協力>
庄村アナウンサー・美川アナウンサー
ROSE BUD
マルヤガーデンズ1階にあるお店です

(2018/12/01)

11月24日(土)ナマ・イキ的忘年会プラン

クリスマスに忘年会とパーティーシーズンの到来です。でも意外と大変なのがお店選び。
そこで庄村さん、美川さん・高橋さんの3人がお気に入りお店、日頃お世話になっているお店に直談判!
特別にオリジナルの忘年会プランを作ってもらいました。
ちょっと贅沢なイタリアン、ボリュームたっぷりの肉料理、人気の果物のコース料理、そして気になる新しいお店のパーティープランまで登場!
お店選びに迷っている幹事さん必見です。
    

◆ハナキ ナマ・イキオリジナル中華風チキン南蛮
庄村さんが訪ねたのは都通り近くの居酒屋ハナキ。ハナキは今年7月庄村さんがお酒と揚げ物特集で訪ね、お洒落な雰囲気と安くて美味しい料理に感激したお店です。

7月14日(土)お酒×あげもの。

今回はお店のメニューにない、庄村さんの大好物チキン南蛮を特別に作ってもらいました。出来上がった「ハナキ特製 中華風チキン南蛮」、山椒のガツンとくるスパイスとチキン南蛮の甘酢が良く絡まって絶品です。このチキン南蛮と一緒に是非とも飲んで欲しいお酒は、季節のフルーツを使った自家製の酎ハイ。チキンを温玉に絡めて食べれば優しい美味しさが楽しめます。ナマ・イキオリジナル ハナキの中華風チキン南蛮。11月25日から12月24日までの限定メニューです。
181124_184500_06181124_184541_15181124_184604_22181124_184706_11

ナマ・イキオリジナル中華風チキン南蛮 720円(税別)期間 11月25日(日)~12月24日(月・祝)
自家製酎ハイ(レモン)500円(税別)

information
【ハナキ】
住所:鹿児島市中央町31-1
TEL:099-206-0415

◆パスタン特製ナマ・イキスペシャルコース
鹿児島市文化通りの雑居ビル2階にあるパスタン。今年8月の肉特集で紹介したグルメスポットです。

8月18日(土)肉のすすめ。

パスタンは今年7月にオープンした、奄美大島で人気のステーキ屋の天文館店。食べ応えのあるアメリカ産牛肉の赤身が評判で肉好きの庄村さんを唸らせたお店です。そんなパスタンに庄村さんが直談判!スペシャルな忘年会コースを作っていただきました。ローストビーフと温玉シーザーサラダ、そして贅沢にウニをのせた肉寿し、庄村さんの一声もありましたので原価ギリギリのTボーンステーキを特別につけてもらいました。パスタンの看板メニューTボーンステーキは、T字の骨の周りにサーロインとヒレがついている、アメリカではキングと言われる定番ステーキです。奄美名物油そーめん、デザートのアイス、2時間飲み放題も付いたナマ・イキスペシャルコースは、12月9日までの期間限定メニューで1人3980円。女性限定、4人以上での予約が必要です。
181124_184339_14181124_184353_18181124_184356_13181124_184409_00

パスタン特製ナマ・イキスペシャルコース  3980円(税込)
期間 11月25日(日)~12月9日(日)
ローストビーフと温玉シーザーサラダ
Tボーンステーキ(500g前後)
肉寿し
油そーめん
デザート
飲み放題(2時間)
※女性限定4人以上、前日までに予約

information
【ステーキ&グリルパスタン天文館店】
住所:鹿児島市千日町2-15白鹿ビル2F
TEL:099-248-9655
営業時間:18:00~25:00(土曜日は27:00まで)
定休日:月曜日

◆マナーハウス島津重富荘 カフェ・ド・マリーエ
宮元シェフ特製!ナマ・イキオリジナルワンプレートスイーツ

美川さんが訪ねたのはマナーハウス島津重富荘にあるカフェ ・ド・マリーエ。素晴らしいロケーションと宮元シェフが手掛ける料理が評判のグルメスポットです。お昼のスイーツのコースで、お酒が飲めない女子が楽しめるようなものをお願いしました。スイーツ好きの女子のために宮元シェフが特別に用意したのが、選べる2種類のワンプレートスイーツ。美川さんがチョイスしたのは見た目に華やかなアップルパイ。ちょっとほろ苦いキャラメルソースとリンゴの甘みが一緒になって素晴らしいハーモニーです。もう一つのワンプレートスイーツは、栗の渋皮煮にマロンクリームをたっぷりとかけたモンブラン2018。アクセントにホワイトチョコを使い、口直しにヨーグルトのシャーベットが付いています。ノンアルコールスパークリング、ソフトドリンク、ハーブティとプチガトーがついて1500円。完全予約制です。
181124_184129_23181124_184140_12181124_184143_28181124_184204_17
宮元シェフ特製ナマ・イキオリジナル選べるワンプレートスイーツ 1,500円(税別)
期間 11月25日(日)~12月28日(金)
モンブランまたはアップルパイをチョイス
ノンアルコールスパークリング付き
ソフトドリンク付き
ハーブティー&プチガトー付
※完全予約制

information
【マナーハウス島津重富荘 カフェ・ド・マリーエ】
住所:鹿児島市清水町31-7
TEL:099-247-3131

◆ristorante Porta Fortuna Matsuo 
松尾シェフ特製ナマ・イキオリジナルスペシャルコース

高橋さんが訪ねたのはぴらモールにあるイタリアンのお店、「ristorante Porta Fortuna Matsuo(ポルタフォルトゥーナマツオ)」。こちらのオーナーの松尾拓郎さんは、今年7月のひこ星に会いたいで紹介したイケメンシェフです。
181124_183406_03181124_183420_00
7月7日(土)ひこ星に会いたい2018

イタリアで7年間料理の腕を磨き、2年前に地元鹿児島にこのお店をオープンしました。忘年会シーズンという事で1年の締めくくりにふさわしい特別なメニューを、ナマ・イキボイスの視聴者の為に考えていただきました。旬の食材を使った前菜盛り合わせから始まるコース料理は全部で5品。コンセプトはご褒美ディナーです。トリュフがたっぷりとかかった詰め物パスタ「トルテッリ」は、トリュフの深みのある香りが鼻に抜けます。モチモチとした食感のパスタの中にウズラのお肉が入っています。ご褒美ディナーということで特別にメイン料理はもう一品。デザートは彩も華やかなイタリアンカラーのセミフレッド。松尾シェフ特製!ナマ・イキオリジナルスペシャルコースは乾杯用のスパークリングのグラスワインがついて6000円。特別メニューのため、12月9日までの期間限定で予約制です。
181124_183514_26181124_183541_07181124_183618_26181124_183623_12
ポルタフォルトゥーナマツオ松尾シェフ特製 ナマ・イキオリジナルスペシャルコース 6,000円(税別)
期間:11月26日(月)~
前菜盛り合わせ・魚料理スープ仕立て
詰め物パスタトリュフがけ
赤身肉のステーキきのこソースがけ
セミフレッドのイタリアンデザート
スパークリンググラスワイン付き
※予約制

information
【ristorante Porta Fortuna Matsuo(ポルタフォルトゥーナマツオ)】
住所:鹿児島市東千石町8-25
TEL:099-295-6737
営業時間:11:30~15:00 18:30~22:30
定休日:水曜日

◆アリンコ ナマ・イキオリジナルアボカドコース

鹿児島市七味小路近くにあるアリンコ。女性に人気の果物・アボカド使った料理が評判のお店です。栄養価の高さから「森のバター」「食べる美容液」と呼ばれているアボカド。そこでナマ・イキVOICEではアリンコのオーナー福島さんにお願いして、女性が喜ぶ「ナマ・イキオリジナル アボカドコース」を作ってもらいました。、前菜は生のアボカドの美味しさを味わえる3種盛りや、アボカドを揚げた人気メニュー「エビマヨアボカド」。アボカドは加熱することによって旨みや甘みがさらに増します。その中でも揚げるという工程は一番そのアボカドの味の良さが伝わるんだそうです。塩麹づけした桜島鶏にアボカドのクリームソースをかけたグラタン仕立て、アボカドとキノコのトマト味噌ピザ、ルッコラとアボカドのおそばなど、アボカドの美味しさを堪能できるナマ・イキオリジナルアボカドコース。飲み放題がついて1人3800円です。
181124_183641_01181124_183725_28181124_183737_03181124_183755_27
 
アリンコ特製ナマ・イキオリジナルアボカドコース 3800円(税込)
期間:11月26日(月)~12月30日(日)
前菜3種盛り
エビマヨアボカド
桜島どりのアボカドグラタン仕立て
アボカドときのこのトマト味噌ピザ
ルッコラとアボカドの蕎麦
揚げアボカド塩キャラメルソース
飲み放題付(生ビールは1杯のみ)
※前日までに予約

【アリンコ】
住所:鹿児島市東千石町6-1
TEL:099-226-5607
営業時間:11:30~13:30 17:00~24:00

◆凛丹一壺坊 オープン1周年記念忘年会コース
千石馬場通りの人気のグルメスポット、「凛丹一壺坊(りんたんいっこぼう)」。オシャレな雰囲気の中で頂く中華料理が評判のお店です。凛丹は福岡が本店で、シックな佇まいの中で味わえる本格中華が人気のお店です。オープン1周年を記念した忘年会コースがオススメ。華やかな彩りの前菜9品盛り合わせは、旬の食材と鹿児島ならではの海産物を使った日替わりメニュー。唐辛子の量が半端ない四川麻婆豆腐は凛丹で一番人気のメニューです。見た目ほど辛くなくて唐辛子の香りと薬味のバランスを大事にしています。ズワイガニとフカヒレのスープ、大海老のチリソース煮、角煮の黒酢酢豚、海鮮あんかけ塩焼きそばなど前菜からデザートまで全部で9品の忘年会コース。通常は7000円相当の内容なのですが、1周年ということでお客さまへの感謝の気持ちを込めて5000円で楽しめるそうです。ボリュームたっぷりでとってもお得な中華のコース料理、オススメです!
181124_184902_28181124_184931_24181124_184938_02181124_184955_19
オープン1周年記念忘年会コース 5000円(税別)
期間:11月27日(火)~
※予約制

【凛丹一壺坊】
住所:鹿児島市東千石町5-8
TEL:099-224-8711

◆名山堀梅屋 こだわりおでんとワイン
鹿児島市名山町に今年1月にオープンした名山堀 梅屋。落ち着きのあるオトナな雰囲気の店内です。こちらのメインメニューはおでん。新屋敷の方にしゃぶしゃぶの梅屋という本店があって、2号店のこちらのお店ではしゃぶしゃぶお出汁をおでん用にアレンジして提供しているのが人気の理由の一つ。
大根、玉子、厚揚げなどの定番ネタとアボカド、レタス、砂ずりなど珍しいネタを揃える梅屋。仕上げにオリーブオイルをかけて提供しています。オリーブオイル自体がおでんの旨みを引きだす役割があるんだそう。オリーブオイルのジュニアソムリエの資格を持つ店長の上宮さんが、おでんのネタに合わせたオリーブオイルをチョイスして提供してくれます。お酒はおでんとの相性が抜群。梅屋でイチオシなのが、無農薬で育てたブドウで造ったり保存料を極力少なめにしている、フランス産のナチュールワイン。こだわりのおでんとワインでしっぽりと。少人数の忘年会にいかがですか?
181124_185047_26181124_185103_22181124_185129_15181124_185220_12
   
レタス 280円(税別)アボカド 300円(税別)鶏砂ずり 250円(税別)
ナチュールワイン ロゼグラス650円(税別)

【名山堀梅屋】
住所:鹿児島市名山町6-13
TEL:099-239-7077
営業時間:18:00~24:00(平日)14:00~21:00(日・祝)
定休日:火曜日

◆11月24日OA MCスタイル◆

    %e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1
 
<衣装協力>
庄村アナウンサー・美川アナウンサー
Abahouse Devinette
アミュプラザ鹿児島1階にあるお店です

高橋アナウンサー
MANA
天文館アーケード『ぴらもーる』内にあります

(2018/11/24)

11月17日(土) 一泊二日 霧島女子旅♪

行楽の秋、行ってきました!女子旅へ!
今回は女の子の大好きなものを沢山詰め込んだ霧島女子旅1泊2日!
一緒だったら、楽しさも、おいしさも、癒やしも倍増!
女子旅で、あなたも元気をチャージしませんか?

◆霧島女子旅・霧島神宮
今回高橋アナウンサーと一緒に旅するのは、ナマ・イキ倶楽部員の大平あつ子さんと坂本唯香さん。まずは霧島を代表する観光名所・霧島神宮へ!女子ならではの楽しみ方でお参りができると聞いて、神社へ行く前に観光案内所を訪ねました。霧島市観光協会では、およそ3年前から着物のレンタルと着付けのサービスを始めています。80着以上ある着物の中から好きなものを選ぶことができ、着付けに必要な道具も一式用意してもらえます。可愛い花柄も良いけど、大人っぽい渋めの着物も捨てがたい…思い思いのお着物を着て、3人とも大変身成功です。
「本格的でびっくりしました。この霧島の風景に合いますよね」
「お着物なかなか着る機会がないからすごく嬉しい」
さわやかな秋の風に吹かれながら、和服で歩く本堂までの道のり。なんとなく気持ちが引き締まります。
181117_183241_16181117_183319_22181117_183409_04181117_183450_01
information
【霧島市観光案内所】
住所:霧島市霧島田口2459ー6

【霧島神宮】
住所:霧島市霧島田口2608-5

【和服で参拝、ぶらり霧島神宮。】
1人 3000円(要予約 着物レンタル・着付け代込)
男性のみのご利用はできません男女ペアでお申し込み下さい。
足袋はご持参下さい(販売もあり・500円)

境内の売店で、この日の私達にぴったりのものを見つけました。きりしま花おまもりです。
「色もきれいだしかわいい。女の子のお守りって感じ」
楽しい気分だとなんだか御利益も倍増しそう♪女子に嬉しい、霧島神宮でのひとときでした。
181117_183511_17181117_183507_20
きりしま花おまもり 800円(税込)

◆幸福まねき占い
神社から戻ってきた3人は、観光案内所のすぐそばで占い師のご夫婦が出張鑑定をしているのを見つけました。旦那さんの青鳥さんは生年月日鑑定、奥さんののマリアさんは手相が専門。さっそく高橋アナウンサーが手相を見てもらうと…
「もともと起業家的な手相をしている」
「35、36歳ぐらいで今のお仕事と同時進行することがありそう」
「余計なおせっかいですがあまり仕事熱心だと婚期を逃す」
お2人はは霧島市や鹿児島市を中心に活動しています。丁寧で細かい鑑定にリピーターも多く、結構ズバっと指摘することで知られています。神秘の里・霧島に現れる2人の占い師。悩み多き女子たちの心強い味方です。

181117_183600_00181117_183619_23181117_183653_13181117_183700_16
information
【幸福まねき占い】
TEL:090-8494-2097(飯塚)

霧島市や鹿児島市で出張鑑定を不定期で開催 (霧島市観光案内所・天文館にぎわい通りなど)

◆ガーデンリゾートスパ・霧島の杜
霧島市牧園町の緑深い山の中に、心と体を癒やすエステサロンがありました。「ガーデンリゾートスパ・霧島の杜」です。目の前に広がる霧島の大自然を眺めながら、フットマッサージやフェイシャルエステを受けることができるんです。天気が良い日は外でエステを受けることも出来ます。高橋アナウンサーと大平さんは、青空の下で極上のフットマッサージを体験しました。アロマの香りと木々の揺れる音に包まれながら、いつの間にか眠りについてしまいました。一方、坂本さんはフェイシャルエステで女子力アップ。エステを受けるのはこれが始めてだそうです。なんとも贅沢なエステ初体験ですね。エステに加えて宿泊を希望する人のためにゲストハウスも用意されているので、ゆっくり過ごしたい人にオススメです。エステの後にはデザートとハーブティーも。女子には嬉しいサービスです。忙しい毎日の中で忘れがちな、女の子ならではの気持ち。女子旅で思い出しました。
181117_183919_06181117_184030_19181117_184106_26181117_184143_17
フットマッサージ 60分 12500円(税別)フェイシャル 60分 12500円(税別)
1棟貸切(エステ利用の方のみ) 20000円(税別) ご宿泊の方 エステ40分・7800円(税別)

information
【garden resort spa 霧島の杜】
住所:霧島市牧園町上中津川1842-23

◆オーベルジュ異人館
今回宿泊する高千穂峰の麓にある異人館は、「オーベルジュ」という、レストランをメインにしたヨーロッパスタイル宿泊施設。ポルトガルで25年暮らし大使館の料理人も勤めた、オーナーシェフの金澤さんは自慢の料理を味わうためのお宿です。温泉地・霧島ということで、外には貸切の露天風呂もあります。美肌などに良いとされる良質なお湯を楽しむことが出来ます。
181117_184230_16181117_184317_11
いよいよお待ちかねのディナータイム!前菜からデザートまで全14品。こだわり抜かれた食材と熟練の技によって作られたフルコースがいただけます。中には普段はめったに食べない高級食材、世界三大珍味トリュフが載った、キジと鴨の肉料理も。丹精込めて作られた料理に驚きと感動の連続です。毎日頑張る女子には、たまにはこんな贅沢もいいですよね。大満足の贅沢ディナーを終え、女子旅にぴったりのレトロで可愛らしいお部屋に案内してもらいました。可愛いお部屋で女子トークもますます弾み、楽しい思い出の一夜となりました。
181117_184445_08181117_184400_04181117_184420_27181117_184537_02

1泊2食付き 15000円(税込)~ ※時期によって宿泊料金は変更します 別途入湯税 150円

information
【オーベルジュ異人館】
住所:霧島市霧島田口2594-50
TEL:0995-57-3220

◆カフェめぐり・CAFE 510
女子旅2日目のテーマは、女子の大好きなカフェ巡りです!霧島市隼人町にある「CAFE 510(カフェ ゴーイチゼロ)」。スタイリッシュで居心地の良い雰囲気が大人気のお店です。お店の一角には雑貨やアクセサリーも並んでいます。女子3人、ケーキセットを頼みました。高橋アナウンサーが選んだのは洋梨のレアチーズケーキ。オシャレな空間で会話とスイーツを楽しむ。女子が大好きな時間を過ごすのにぴったりの場所でした。
本日のケーキセット 790円(税込) 
181117_184721_01181117_184738_07181117_184830_05181117_184857_26

information
【CAFE 510】
住所:霧島市隼人町東郷133-1
TEL:0995ー73ー7445

◆カフェめぐり・カフェフルール
続いて訪れたのは、住宅街の中にある「カフェフルール」。中に入るとあたたかい光を放つ手作りのステンドグラスが並んでいました。なんだかほっとする雰囲気でぬくもり溢れるこのお店、看板メニューはかき氷です。しかもメニューは見たこともない味ばかりです。ここのシロップはすべてオーナーの手作り。高橋アナウンサーはいちじく味、大平さんはかぼちゃ味を、坂本さんは安納芋味の焼き芋味を注文しました。未知との遭遇にドキドキです。
「ケーキみたいな甘い味」「おいもを食べているみたい」
色んな味を楽しめるのも女子旅ならでは。行ってみたい場所、食べてみたいもの、一緒だとなんでもトライできそうです。
パンプキンキャラメル 500円(税込) いちじくみるく 500円(税込) 安納芋の焼き芋 500円(税込)
181117_184913_22181117_184921_18181117_185000_28181117_185009_06

information
【カフェ&雑貨・フルール】
住所:霧島市国分名波町27-8
TEL:080-5280-4187

◆カフェめぐり・アオヤアパートメントストア
最後に大平さんイチオシのカフェに向かいました。霧島市国分にある「アオヤアパートメントストア」です。店内には暮らしの雑貨が並んでいて、どれも上質なものばかりです。価値のあるものをみんなに勧めたい、お店にはそんな思いが詰まっていました。大平さんイチオシの玉子焼きサンドも、上質な卵、かつおやしいたけの出汁など、こだわって作られています。一緒に美味しいものを食べたり、楽しい気持ちや嬉しい気持ちを分かち合ったり。色んな事を共有できた1泊2日の女子旅でした。
アオヤの玉子焼きサンド 500円(税込)
181117_185114_22181117_185129_26181117_185231_10181117_185310_08

information
【アオヤアパートメントストア】
住所:霧島市国分広瀬3-6-44
TEL:0995-47-3502

◆11月17日OA MCスタイル◆

    n1117
 
<衣装協力>
庄村アナウンサー・美川アナウンサー
Rouge vif
アミュプラザ鹿児島2階にあるお店です

高橋アナウンサー
MANA
天文館アーケード『ぴらもーる』内にあります

(2018/11/17)

11月10日(土)第24回ナマ・イキVOICEアートマーケット

“作品の発表の場が欲しいー。”番組宛てに届いたメールをきっかけに、今年で24回目を迎えたアートマ。舞台は、アミュプラザ鹿児島!慣れ親しんだショッピングスポットがアートの館へと様変わりする二日間。約80組の作家たちが手ぐすね引いて待っています。さぁ、今年はどんな出会いが待っているのか。アートの世界にどっぷり浸ってみましょう♪

181110_183029_13

第24回ナマ・イキVOICEアートマーケット ホームページ

◆初出展 ブースNO.38 yaya
タイトル「おもちゃ買わないと動かないよ」
181110_183431_25181110_183426_07
お店でよくみかけますよね。こうやってすねている子ども。
彫刻・絵画作家のyayaさんの作品は、日常のささいなことや心の叫びがそのまま表れています。
タイトル「あーまたPTAか」
タイトル「私はPTA会長になりませんよ」
181110_183450_16181110_183453_21
yayaさんはスターウォーズに憧れ、27才でアメリカで映画の世界へ。yayaさんがやりたかったという特殊メイクの基礎になるのが彫刻だったそうです。
結婚を機に彫刻からは離れていましたが、その間に溜め込んできたエネルギーがアートマで爆発します。
「本格的にしないとこのままおわったら嫌だな。一番は、ギョってしてもらいたい。あれ?ってこう。」
アミュのいたるところに出現する立体たちにご注意を。
181110_183456_21181110_183506_25181110_183414_02181110_183621_07

◆初出展 ブースNO.36 NOBU
これまでもさまざまなジャンルの作家たちがエントリーしてきたアートマですが、今年もまたひとつ新たな風が舞い込んできました。職業・自動車板金塗装屋のNOBUさんです。サッカー歴40年、地元のサッカークラブのコーチを勤める正真正銘の体育会系のNOBUさん、突如アートに目覚めたのは10年前のことー。
181110_183712_14181110_183740_10
「この仕事してると塗料があまるもんですから、飲んだ缶にランダムに塗って遊んでて」
缶コーヒーのペイントに始まり、廃材となった車のテールランプを砕いて額に飾ってみたり、ステンレス状のパネルに塗料を流しこんでみたり…そして、行き着いた先がー、ドラム缶。車の凹み修理、塗装の技を使って、テーブル、棚、イスとドラム缶をあらゆるものに変化させます。
作り始めたが最後、体育会系の血が騒ぎ作るだけには留まりません。上を目指して一つでも上に! 美術展に出展しつづけること10回以上。入賞、入選、秀作賞、優秀賞!を獲得してきました。
「何をしたら1番になれるんだろう?そしたら大きなものをみればそこまで歩める」
スポ根魂で作り上げる渾身のドラム缶アート。世界への道はアートマから!

181110_183803_25181110_183819_29181110_183848_10181110_183940_12

◆ブースNO.20 Linola 
新しい作家もいれば、アートマから旅立つ作家もー。アクセサリー作家・Linola(リノラ)。アートマ出展は今回が最後です。趣味で始めたもの作り、自分が思う「かわいい」をアクセサリーに詰め込みSNSで発信するのが作家人生のスタートだったそうです。
「一人で作っているので他の意見という反応がわからなかったので、イベント出展したくてもする機会が場所がなかったんですよね。アートマでチャンレジしてみようって。応募してみました」
アートマ初出展は2004年11月。SNSで獲得したファンが詰めかけ、その作品をゲットしようと女子達の長蛇の列が出来ました。
「すごいびっくりしました。色んなお客さんと話す機会が増えて、作品もだいぶ変わりました」
アートマで出会ったお客さんとの出会いがヒントになって、新しい作品が次々と生まれていきました。
181110_184026_13181110_184125_23
4回目のアートマ。これが最後です。特別な思いで臨む今回のアートマでは、かつてお客さんとしてブースを訪ねてきてくれた一人の作家とコラボすることにしました。
「高校生の子です。その時もイラストを書いてもって来てくださってて、自分も発表の場がなかったので、そういう機会を求めてる子と一緒に何かをしたかった」
Linolaのアクセサリーを身につけた女性たちのイラスト。このイラストが入ったパッケージに、Linolaのアクセサリーを入れる。若き作家とのコラボレーションでアートマへの思いを未来へと繋ぎます。
181110_184149_14181110_184214_24181110_184205_16181110_184219_25

◆ブースNO.76 河童モルヒネ 
意味不明の漂う負のオーラ。
「やばいあれをしようと思っています。」
あれとはなんなのか…漫画家、「河童モルヒネ」。ネガティブなマインドや思いが、作品のメインのエネルギーとなって転換して消化させる。彼が掲げた今年のアートマのテーマは、地獄!!
「みんな思っていると思う、心に。それぞれの地獄があって。誰の物でもない自分だけの地獄。悲しさ、辛さ、怒り」
「地獄どれくらい完成してます?」「5%です。これから95%を…」
河童モルヒネの地獄の世界は100%に達したのかー。その目で確かめて下さい。
181110_184615_13181110_184642_09181110_184657_26181110_184726_05

◆ブースNO.41 シマカミリッカ 
前回グランプリを獲得したシマカミリッカさん。前回審査員の目を釘付けにした作品が、こちらの女の子の絵。よーくみると、様々な画柄が施されています。背景には凹凸のある繊細な柄が…いろんな手法がミックスされた新たな絵画だと評価され、グランプリを獲得しました。実は彼女、職業は薩摩焼の絵付け師。
181110_184850_21181110_184856_05
「自分の人生を反映させた作品を作りたいって思っていて、大学まで学んできた絵画と焼きものの絵付け師の技法を掛け合わせて絵を描いています。」
今回のアートマでは新たなモチーフに挑戦するとか。

181110_184917_01181110_184939_06181110_184955_05181110_185017_20

◆ゲスト審査員  
未来へ号ドライバー 遠藤一郎
【未来へ】と書かれたバスで車上生活をしながら、日本全国でアートプロジェクトを展開している遠藤さん。「GO FOR  FUTURE」のメッセージを発信し続ける未来美術家です。2年前のゲスト審査員としてやってきて以来鹿児島のアート熱の高さを 国内外に発信し鹿児島のアーティストたちに新たな刺激を注入し続けてくださっています。
181110_185150_15181110_185152_16

イラストレーター 大寺聡
鹿児島を代表するイラストレーターの大寺聡さん。地方に住み続けながらの制作活動は、鹿児島の作家たちの希望の星。大寺さんが今回足をとめるのはどんな作品でしょうか。
181110_185129_03181110_185133_20

画家 松井えりな
一度みたら忘れられない強烈なインパクトを放つ自画像で知られる、画家の松井えりなさん。2年前の霧島アートの森での展覧会は圧巻でした。世界的アーティストの彼女が注目するのはどの作家でしょうか。
181110_185111_17181110_185106_17

      

(2018/11/10)

11月3日(土)東京下町 谷根千散歩

MCの庄村アナウンサー、美川アナウンサー2人の東京旅!!

今回は日本好きな外国人や若者たちの人気の東京下町「谷根千」をお散歩。
路地裏にあるかわいいお店や、ノスタルジックな街並み。

東京の新しい文化が沸いている町をお散歩してきました。

◆東京・谷根千(やねせん)をお散歩
若者や外国人観光客の口コミで、どんどん魅力が広がっている東京・谷根千(やねせん)。下町情緒あふれる谷根千は、谷中・根津・千駄木の頭文字をとったや・ね・せんの愛称で東京の若者や外国人観光客にも大人気のスポットです。上野から車でおよそ15分。早速この町をゆっくりお散歩です。住宅が並ぶ静かな場所ですが、その中には一部をお店にした民家も。さきの見えないくねくね曲がったこの道は、蛇に似ている事からへび道と呼ばれています。
181103_183156_08181103_183542_23

◆老舗のたわしメーカー・亀の子たわし
大きいたわしを発見!ここは100年以上続く老舗のたわしメーカー「亀の子たわし」。キッチンで使えるたわしから、身体も洗える肌に優しいたわしまで、とにかくいろんなたわしが置いてあります。
181103_183601_15181103_183613_15
information
【亀の子束子 谷中店】
住所:東京都台東区谷中2-5-14C
営業時間:11:00?18:00
定休日:月曜日

◆小さなタルト屋Shiomi(シオミ)
ふたりの美味しい物センサーが反応しました。小さなショーケースに入ってる小さいちょっこしたケーキが可愛い、小さなタルト屋Shiomi(シオミ)。谷根千エリアでお散歩する観光客の人も多いので、食べ歩きできるようにこのサイズにしたんだとか。食いしん坊のお二人は欲張って2種類のタルトを選びました。このお店ではその時一番美味しい季節のフルーツを使っています。この日並んでいたのはマスカットです。このお店は実はオーナーの三浦さんの実家。もともと世界を旅する船でパティシエをしていた三浦さん、このタルトの形は船をイメージしたんだそう。
栗のタルト 380円 ナガノパープルとシャインマスカット 400円 小さなレモンタルト 180円
181103_183644_29181103_183728_05181103_183812_20181103_183753_10
information
【小さなタルト屋Shiomi(シオミ)】
住所:東京都文京区千駄木2-40-13
TEL:090-8517-7015 
営業時間:9:00?売り切れ次第終了
営業日:金曜・土曜のみ営業(不定休あり)

◆路地裏の絵本と雑貨店・ひるねこBOOKS
店内に所狭しと並ぶ絵本たち。お店の「ひるねこBOOKS」という名の通り、猫にちなんだ絵本もたくさん。
「今の私たちにぴったりじゃないですか?」
美川さんが見つけたのは、「ねこくんとねずみくん ふたりでおでかけ」という絵本。猫くんとねずみくんが旅をする物語です。猫くんが庄村さんで、ねずみくんが美川さんかな?「庄村さん、コスモスがキレイですね~」「みかわ~私、お腹すいた~」そんな会話が聞こえてきそうです。
ねこくんとねずみくん ふたりでおでかけ 作:山口まりこ
181103_183842_05181103_183915_17

ずっと谷根千の町でお店をやりたいと思っていた小張さん。いろんな本を知り尽くした小張さんが、旅のお土産にと二人に本を選んでくれることに。庄村さんは開くと元気になる絵本、美川さんはホッとできる本をリクエスト。元気になる本、庄村さんには「ポンチ」。みかんやキウイといった可愛いフルーツたちが「ポンチ!」という掛け声で変身。最後にフルーツポンチになるというシンプルなストーリー。ポンチという言葉は凄く元気がでそうです。
ポンチ 作:織田りねん 絵:ちえちひろ 発行元:パイ インターナショナル
181103_184030_16181103_184045_05
続いて美川さんには、「ちょうちょうなんなん」。蝶々の女の子が世界を旅する絵本。優しいタッチや色使いで、のんびり眺めたくなる一冊です。
ちょうちょうなんなん 作:井上奈奈 発行元:株式会社あかね書房
181103_184109_08181103_184119_00
ここに来なかったら開くこともなかった一冊。町の小さな本屋さんには、沢山の絵本との出会いがありました。
181103_183947_14181103_184137_25
information
【ひるねこBOOKS】
住所:東京都台東区谷中2-1-14-101
TEL:070-3107-6169

◆上野桜木あたり
二人が辿り着いたのは築80年になる古民家をリノベーションして作られた複合施設、「上野桜木あたり」。敷地内にはたくさんののお店が並んでいます。最初に見つけたのは、ベーカリー「VANER(ヴァーネル)」。北欧の風味豊かな小麦を使った天然酵母のパンが人気です。
サワードウ ブレッド 1200円 サワードウ シナモンロール 300円 
181103_184412_26181103_184443_27181103_184456_26181103_184502_01
information
【上野桜木あたり】
住所:東京都台東区上野桜木2-15-6

information
【VANER】
営業時間:9時~18時
定休日:月曜日

◆塩とオリーブのお店・OshiOlive おしおりーぶ
オリーブオイルと塩の専門店、「おしおりーぶ」。世界中から集めた130種類のオリーブオイルや調味料が並んでいます。ここにしか取り扱いがないものも多いです。ドレッシングやソースを自分で作りましょう、というコンセプトのこのお店。実験するみたいに組み合わせることで、何百種類以上のオリジナルのソースやドレッシングを作ることが出来ます。まずはお店で一番人気のガーリックとしいたけのオリーブオイルをチョイス。このオイルにぴったりと勧められたのが和風ごま味噌の塩。オリーブオイルの新たな楽しみ方を提案する店長の石塚恵美子さんは、この場所で生まれ育ったそうです。
胡麻味噌塩 490円 ガーリック&しいたけ 300ml 2380円
181103_184527_28181103_184609_07181103_184631_05181103_184714_23
information
【おしおりーぶ 上野桜木店】
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜日

◆谷中ビアホール
お散歩の締めくくりは、オリジナルクラフトビールが飲める「谷中ビアホール」。海外から来た観光客にも人気のスポットです。このビアホールの為に作られた限定醸造ビール、谷中ビールを注文。茶褐色の色が、古民家の色や夕陽が沈む色をイメージした色になっています。富士山麓の地下水を使ったビールは、すっきりとしたフル-ティーな味わい。そのビールに合わせるのはお店オリジナル、燻製の盛り合わせ。美味しいおつまみも並んでビールも話も進みます!懐かしいなって思ってもらえるお店にしたい、だんだんとそうなってきて嬉しい、と話すオーナーの吉田瞳さん。二人の谷根千散歩には古い物を大切に守る人達との出会いがありました。
谷中ドライ・谷中ビール S 600円  M 900円 L 1200円
自家製スモークの盛り合わせ 600円 豚肉レンコン蒸しネギソース 600円

181103_184805_24181103_184835_15181103_184846_15181103_184935_18
information
【谷中ビアホール】
営業時間:11:00~20:30 (月曜のみ11:00~15:00)

◆11月3日OA MCスタイル◆

    %e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1
 
<衣装協力>
ROSE BUD マルヤガーデンズ1階にあるお店です。

(2018/11/03)

10月27日(土)明治維新150年記念 西郷さんも愛した東京めぐり  

今回のナマ・イキVOICEは、MCの庄村アナウンサー、美川アナウンサーの2人で
東京に残る、西郷さんの足跡をタイムトラベル!!

明治維新150年の今年。
西郷さんも暮らした東京の中心地、日本橋を巡りました。

西郷さんが愛した美味しい食べ物にも出会いましたよ♪

◆西郷さんの暮らした町・日本橋
西郷さんの暮らした町「日本橋」。東京都中央区、東京駅の東に位置している、商業と文化の中心地です。西郷さんが日本橋で暮らしたのは明治4年から約2年。西郷さんが暮らした日本橋めぐりに出かけてきました。
181027_183054_09181027_183458_02

◆日本橋クルーズで東京散歩
最近話題の観光名物を見つけました。開放感抜群のオープン船で日本橋・神田川を廻る「日本橋クルーズ」です。7年前から始まったこのクルージングは、一味違った東京が見られると大人気です。川の上から東京を眺めつつ、この地域の歴史に触れることができます。日本橋川の上にかかる日本橋は、明治44年に架けられた国の重要文化財です。江戸時代、日本橋には水路を利用して様々な物資が運ばれ、魚河岸も作られました。ちょうど明治10年に架けられた石橋の復旧工事が行われていました。その他にも東京ならではの色々な景色を船の上から眺めることができます。船の上から見えたスカイツリー。MCの2人ももカメラに収めました。色々な橋があって、新しい東京を見た気がしました。

日本橋クルーズ神田川めぐり(90分) 2500円(税込)

181027_183535_00181027_183610_13181027_183628_25181027_183722_10

◆西郷さんゆかりの町を探検
江戸から東京へとつながる歴史と伝統のまち・日本橋には、西郷さんが暮らした足跡がたくさん残っていました。まちの名物案内人・「江戸の架け橋!日本橋めぐりの会」の川崎晴喜さんに、西郷さんにゆかりのある場所を案内してもらいました。年間4000人をガイドするという川崎さん、日本橋の魅力を伝え続けています。
181027_183807_01181027_183821_17
早速向かったのは、日本橋・人形町。ここで江戸の文化を牽引したこの町らしいものを発見しました。鯨が地面から顔を出している像、「鯨と海と人形町の碑」です。江戸時代、このあたりは人形浄瑠璃の小屋がたくさんあり人形使いが多く住んでいたので、人形町と呼ばれるようになりました。人形独特の首の動きを出すのに鯨のヒゲが使われていたことから、ここに鯨の像があるんだそうです。
181027_183853_02181027_183857_27
西郷隆盛屋敷跡。元は姫路藩のお屋敷で、広さは2600坪。鴨池球場のグラウンドのおよそ3分の2にあたります。西郷さんは明治維新の後、政府に請われておよそ2年間ここで暮らしました。特別に屋敷跡の一部、日本橋小学校の中を見せてもらいました。人物が大きいと家も大きい!
181027_183931_17181027_183948_04
information
西郷隆盛屋敷跡
所在地:日本橋人形町一丁目一番・日本橋小網町十四番・日本橋蛎殻町一丁目十~十三番地域

◆老舗名店に受け継がれる西郷さんの大好物
続いて川崎さんに教えてもらったのは、日本橋室町にある老舗の割烹「とよだ」。旬の素材と磨き抜かれた伝統の技、今も昔も食通に人気のお店です。ここに西郷さんが通っていたというエピソードが語り継がれていました。
「よくうちにきて、赤べろべろのしょっぱ漬けを食べに来ていたと聞いている」
「赤ベロベロしょっぱ漬け」って一体なに?その正体はマグロの漬けでした。トロッとするマグロがたまらない一品です。西郷さんはこんな物を食べていたんですね。
181027_184020_02181027_184053_06181027_184116_28181027_184123_13
information
創業文久三年 板前割烹日本橋とよだ
住所:東京都中央区日本橋宝町1-12-3

 
◆江戸職人の匠の技めぐり
「和ギフトセレクトショップMUCCO」では人形町ゆかりのものを刺繍したハンカチが人気です。西郷さんのハンカチもありました。ちょっと嬉しいですね。
人形町ハンカチ 700円(税別)
181027_184419_18181027_184428_07
information
和ギフトセレクトショップ MUCCO
住所:東京都中央区日本橋人形町2-4-3

江戸時代の日常道具
「岩井つづら屋」は竹かごに和紙を貼り漆を塗った「江戸つづら」を販売しています。江戸つづらは江戸時代から庶民の道具として親しまれてきたふた付きのかごのことで、現在は出産・就職・結婚など 贈答品として全国から注文が入っています。一つのつづらを作るのに、なんと20以上の工程があるそうです。
「丁寧に作ればお客さんも喜んでくれるんで、それだけは心がけてやっていますよ。」
ここでは今もなお伝統の技と職人の心意気が守られていました。西郷さんが暮らしていた時代、人々の暮らしを支えていたんでしょうね。
181027_184450_13181027_184500_01181027_184508_00181027_184511_29
information
文久年間創業 岩井つづら屋
住所:東京都中央区日本橋人形町2-10-1

老舗の刷毛・ブラシの専門店
現代の道具に応用されている職人技もありました。東京都伝統工芸品の江戸刷毛を販売している「江戸屋」です。江戸の職人技を受け継ぐ江戸屋は、馬や羊の毛など天然素材を使い分けて一本一本職人さんが作っています。明治に西洋文化が入ってくると、その技術を活用してブラシ作りも始めました。丁寧に作られたブラシは髪の毛の間にしっかり通ります。天井をみると沢山の掃除ブラシがありました。その中に瓶を洗うブラシを発見!庄村アナウンサー、早速購入です。
パウダーブラシ リス毛 8640円
181027_184541_17181027_184552_05181027_184617_03181027_184733_29

information
江戸屋
住所:東京都中央区日本橋大伝馬町2-16
営業時間:9:00~5:00

◆西郷さんが愛した老舗果物専門店
美川アナウンサーが訪ねたのは、日本初の果物専門店 千疋屋。選び抜かれた宝石のようなフルーツは見ているだけでもうっとりします。隣接したパーラーで、旬のフルーツを色々食べられる大人気のメニュー、スペシャルパフェをいただきました。実はこのお店にも、西郷さんと深い関わりがあったんです。
181027_184757_17181027_184806_27181027_184839_29181027_184906_17
「西郷さんが毎日来てスイカを頼まれた。鹿児島に帰るときに屋敷をくれようとした。」
豪快で食通だった西郷さんには、他にもご贔屓の店がたくさんありました。スイカや鰻、カステラ、葛餅が大好きな西郷さんが、人形町のご贔屓の店を皇居の人に宣伝してくれたので、そのお店は皇室献上で生き残ることが出来たそう。老舗名店を救った、食通の西郷さん。商業と文化の町・日本橋の礎に一役買っていたんですね。
千疋屋スペシャルパフェ 2160円(税込)
181027_184920_18181027_185000_11

 
information
千疋屋総本店 フルーツパーラー
住所:東京都中央区日本橋宝町2-1-2日本橋三井タワー内

◆10月27日OA MCスタイル◆

    %e3%83%8a%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%ad1027
 
<衣装協力>
Abahouse Devinette アミュプラザ鹿児島1階にあるお店です。

(2018/10/27)
1 2 3 20

mc style

MCの庄村奈津美と美川愛実が着用した衣装をご紹介。