MENU
ON AIR
4:07オープニング
4:15おばあちゃんの台所
4:30テレビショッピング
5:00テレビショッピング
5:30テレビショッピング
6:00FNNニュース
6:15GO!GO!チャギントン
6:30薩摩剣士隼人 YOKADO!カゴンマ
6:45KTS告知板
6:50テレビショッピング
7:00ボクらの時代
7:30日曜報道 THE PRIME
8:25「絆の家」お宅拝見
8:30フォトぶら
9:00ゲゲゲの鬼太郎
9:30ワンピース
10:00ワイドナショー
11:15ミライ☆モンスター
11:45ぽよチャンネル
11:50FNN Live News days
12:00「まだ結婚できない男」の全てがわかる 阿部寛×脚本家・尾崎将也対談スペシャル
12:30キリンチャレンジカップ2019 U−22日本×U−22コロンビア まもなくキックオフ
14:55かご☆スタ
15:00競馬BEAT
16:00ウレスジ
16:05ニッポンのスゴ腕漁師 船が全焼…借金8億!伝説カツオ漁師が奇跡の復活
17:30FNN Live News it!
17:56天気予報
18:00ちびまる子ちゃん
18:30サザエさん
19:00逮捕の瞬間!警察24時防犯カメラは見た!犯人を完全追跡SP
21:54KTSニュース
22:00Mr.サンデー
23:15S−PARK
24:30Love music
25:25ひねくれ3
25:55ぽよチャンネル
26:00FNS九州8局共同制作「ドキュメント九州」
26:30テレビショッピング
27:00テレビショッピング
27:30ぽよ☆インフォメーション
27:33天気予報
27:34クロージング

ナマ・イキVOICE 毎週土曜日 午後6:30?7:00

Library

11月2日(土)25th ARTMARKET 報告

10/26、27に開催された第25回アートマーケット。今年のアートマには県内外から68組のアーティストが参加しました。

191102_180429_30

ストアーティスト 

カッパ師匠未来へ号ドライバー 遠藤一郎さん)のカッパ茶屋

191102_181444_14

c.l.co.(シーアイシーオー) ダンスパフォーマンス
191102_181254_22

DJみそしるとMCごはんさんステージ
191102_181842_14

井上涼さんステージ
191102_182044_08

査発表

img_1812

グランプリ 剣山 /絵画 
『まさかグランプリをしょっぱなから獲れるとは、モチベーションがあがりすぎて止まる気がしませんよ』

191102_182458_27191102_182503_27

準グランプリ みどり(まご) /実録マンガ+絵画
『自分の作品が第三者の方々に良いと言ってもらえたなら良いな。美しいなって思うものとか・・・嬉しいです』
191102_182536_25191102_182435_26

第3位 ドラゴン岡 /絵画
『励みになります。慕ってくれる人が居たんだなって再発見。売れるように頑張りたいと思います』
191102_180729_21191102_182411_16

【審査員特別賞】
青木野枝賞 藤原收望 /油画
191102_180803_19

宮薗広幸賞 ARTAROMA/インスタレーション
191102_181726_08

大寺聡賞 283/イラスト 絵画
191102_181642_23

アミュプラザ鹿児島賞 まむねむこ/デジタルアート
191102_181613_20

オーディエンス賞  NOVEMBER8 PHOTOGRAPHY /ニューボーンフォト
191102_182520_17

ッパ師匠の裏審査大発表

img_1726

とっちらかってるっ賞 ラブレターが大変なことになっていたほりべさん/イラスト
191102_182625_10

ぐちゃぐちゃしててとてもよかったっ賞 彼岸花さん/芸術写真
191102_181453_13

15年も前から映えてるっ賞 2019枚の料理写真を持ってきた峯下さん/写真
191102_181143_23

もやもやするのにスッキリするっ賞 ダイクヨシキ/インスタレ―ション
191102_181658_07

一番まともっ賞 剣山の「妹」 
191102_182643_01

作家がうるさいっ賞 マンガオ/オキカ絵
191102_180931_02

ナマ・イキVOICE第25回アートマーケットは盛況の内に幕を閉じました。印象に残ったのはまっすぐに作品に向かい続ける作家さんたちの姿と、それをまっすぐに楽しむお客さんの笑顔!アートって最高だなと思えた、アートマ19年目の秋でした。

191102_180542_10191102_180504_03191102_180458_05191102_180646_00191102_180653_21191102_181030_08191102_181129_02191102_181153_04191102_181210_15191102_181628_18191102_181741_03191102_182014_20

(2019/11/02)

10月26日(土)25th ART MARKET @AMU PLAZA KAGOSHIMA

191026_184007_05

上ワンダーマップ実行委員会

ブース:   No.35 
展示場所:  【2F,4F,6F】
作品ジャンル: ゴミコレクション
191026_183557_11191026_183717_22191026_183738_11191026_183749_29

さしめて

ブース:   No.37
展示場所:  【2F】
作品ジャンル: インスタレーション
191026_184105_11191026_184111_17191026_184135_08191026_184143_07

ARTAROMA

ブース:   No.62
展示場所:  【4F】
作品ジャンル: インスタレーション

香り・映像・音・アートの融合『細胞世界』立体作家 yaya と香りアーティストREINA KAJIYAの実験作品

191026_184236_25191026_184221_09191026_184302_03191026_184347_11

久真有

ブース:   No.28
展示場所:  【AMU広場】
作品ジャンル: ペインティング

191026_183227_06191026_183240_05

ブース:   No.50 
展示場所:  【2F】
作品ジャンル: 絵

191026_183335_00191026_183321_28

原 收望

ブース:   No.49 
展示場所:  【2F】
作品ジャンル: 油画
191026_183415_02191026_183402_06

ラゴン岡

ブース:   No.47 
展示場所:  【2F】
作品ジャンル: 絵画

191026_183511_23191026_183445_25

石浩幸

第24回アートマーケット グランプリ

ブース:   No.56  
展示場所:  【3F】
作品ジャンル: 絵画

191026_184820_03191026_184756_17

スト審査員

宮薗広幸さん
アートマ審査員7回目、アートマを知り尽くす霧島アートの森の学芸課長。
%e5%ae%ae%e8%96%97%e3%81%95%e3%82%93

大寺聡さん
地方に住み続けながら作品を発信し、若手の作家たちの育成にも力をいれる鹿児島を代表するイラストレーター。
%e5%a4%a7%e5%af%ba%e3%81%95%e3%82%93

青木野枝さん
今年夏に霧島アートの森で個展「霧と山」展を開催。鉄の塊を多彩な表情をもつ彫刻作品として生まれ変わらせ、観る人を魅了する世界的アーティスト。
%e9%9d%92%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93

イブアーティスト

遠藤一郎さん
未来へ号に乗って日本全国へ。奇想天外なパフォーマンスを繰り広げているカッパ師匠こと遠藤一郎さん。超芸術的学舎『未来美』を各地で開催し、鹿児島県でも2016年から地元の作家とともに活動を展開。今回も作家の発掘に訪れ、会場ではカッパ師匠としてカッパ茶屋も開きます。
%e5%b8%ab%e5%8c%a0

井上涼さん
ポップな画風とユニークなアニメーションでやみつきになる人続出中。絵も音楽も歌も作品制作のほとんどを一人でこなす井上涼さん。クスッと笑えたり性別や世代を超えて伝わる井上さんの世界をアートマーケットでご堪能下さい!

10/27(日)15:00~ 井上涼ステージ

%e4%ba%95%e4%b8%8a%e6%b6%bc
               
DJみそしるとMCごはん/HIPHOPアーティスト
かつてKTSのぽよとタッグを組んでかごしまのご当地ソングを作ってくれたおみそはん。
大学で食を学び進んだ先がくいしんぼうHIPHOP!料理のレシピにラップもアートワークも手がける超自家製ラッパー!ほっこりしてクスッと笑って時に切ない。身近にある小さな幸せを教えてくれるおみそはんの世界、是非LIVEで体感して下さい!

10/27(日)13:00~ DJみそしるとMCごはんステージ

%e3%81%8a%e3%81%bf%e3%81%9d%e3%81%af%e3%82%93                

ダンスユニット・コンタクト・インプロビゼーション・グループC.I.co.
千葉県出身のダンサー鹿島聖子さん、大阪出身の勝部ちこさんのユニットで自然豊かな環境で独自の芸術活動を展開中!伊佐在住の音楽家・蓑茂尚美さんとの出会いで、近年はダンスと音楽のトリオでの活動が増えています。

10/26(土)20:00~ C.I.co.ダンスパフォーマンス

cico

(2019/10/26)

10月12日(土)もうすぐアートマ

2001年、アートマーケットが始まった年です。
作家たちに作品発表の場を!!
賛同してくれた作家たちとボランティアスタッフの手で産声をあげたアートマーケットは、時代とともに様々な変化を遂げてきました。
今度のアートマーケットにはどんなドラマが待ち受けているんでしょう
その仕掛け人たちの制作現場に密着です!!

第25回ナマ・イキVOICEアートマーケット

%e5%a4%a7%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
 

10/26(土)、27(日) アミュプラザ鹿児島にて2DAYS ※雨天決行

 ナマ・イキVOICEアートマーケット ホームページ 
 

熱家・カズヒロハカタ

 第1回アートマから第10回まではほぼ毎回参加し、様々な賞も受賞していたカズヒロハカタさん。吹上浜のゴミコレクションのファッションショーを吹上浜で開催しようとたくらんでいるみたい。10年ぶりのアートマで初お披露目です!
191012_183557_03191012_183646_17191012_183752_09191012_183805_11

ラゴン岡

ドラゴン岡さんはアートマには4年ぶりの参加です!久しぶりなのではりきって大型作品にも挑む所存なんだそう。

191012_183908_25191012_183912_02191012_183923_25191012_183929_06

ちだみなみ

いちださんはアートマ3回目となる今回、大型作品に挑みます。テーマは「音」。アミュの中に音の森が出現!?
191012_184016_22191012_184024_26191012_184051_01191012_184112_09

石浩幸

前回のアートマ覇者・永石浩幸さん。今回のアートマポスターを手がけてくれました。
今回は「NUMEN」(神なるもの、目に見えない脅威)を108匹作成するそうです。

191012_184141_20191012_184153_18191012_184217_05191012_184227_14

原収望

彗星のごとく現れた高校生アーティスト・藤原収望。本格的に絵を描き始めたのは高校に入ってからで、絵画歴まだ1年半。今しか描けないティーンエイジャーならではの世界観の作品に注目です。

191012_184444_16191012_184511_21191012_184602_13191012_184634_20

マサキカノン

去年のアートマで人気アクセサリー作家リノラさんに見初められ、アートマデビューしたヤマサキカノンさん。城西高校ファッションデザイン科の2年生です。女の子の憧れを詰め込んだファッションイラストを展示します。
191012_184744_11191012_184806_24191012_184829_02191012_184835_28

鹿児島情報高校3年生・玉利泰一朗くん。アーティスト名「剣山」!美術部の部室に朝も昼休みも入り浸りで絵を描いている玉利くん。怪獣などの幻想的な絵を好んで描いています。揺れ動く18歳の心の叫びをとくとご覧ください。

191012_184918_03191012_185228_03191012_185017_23191012_184944_23

(2019/10/12)

9月28日(土) 1 Day Culture Fes 報告

ナマ・イキVOICEは9/21に天文館でファッションショーに音楽、落語などなど、1日限りのカルチャーフェスを開催。今も昔も変わらず文化の発信地であり続ける天文館を満喫した1日を振り返りました。

今年のKTSの日ナマ・イキが掲げたテーマは、「天文館を盛り上げた~い」。天文館は鹿児島の象徴!今も昔も文化が集まってくる大切な場所。天文館が元気になると鹿児島が元気になる!
準備期間はわずか1か月。鹿児島の商店街発祥の地・ゴンザ通りでファッションショーを開くことに!また天文館の各ショップの皆さんにも呼び掛けて、フェス当日何か特典を準備してくれないかお願いに回ります。
倶楽部員の皆さんは、天文館MAP作りに取りかかりました。ファッションショーのモデルさんは一般公募。ヘアメイクは鹿児島レディスカレッジのみなさんが引き受けてくれる事になりました!

190928_183919_15190928_184204_17

1 Day Culture Fes ワークショップ

●手づくりしましょ♪ cheerfulmark ハギレでコサージュ作り
●館内ワークショップ チクチク針仕事“ダーニング”教室 刺繍作家 ヨナハマリエ
●館内ワークショップ 秋の“書”の教室 書道家 松下美紅
●ブックスパーチの出張古本屋さん
●フォトグラファートモフスキーさんと天文館をめぐるワークショップ

190928_184355_04190928_184400_09190928_184412_27190928_184429_02190928_184432_19190928_184452_16

ァッションショーカゴコレ2019 秋♪

火山灰と台風の影響でぴらも~る内にステージ変更してスタート。
鹿児島から日本へ、そして世界へ、ファッションの発信をしている鹿児島の作家さんたちのブランドや天文館のショップによる秋のコレクション!
190928_184728_07190928_184738_17

1 Day Culture Fes イベント

●落語 三遊亭あら馬
●サイレントディスコ DJ SAYO&ERINA powerd by Kagoshima film festival
●劇 二人芝居 kamachi-ya
●老舗めぐりで天文館を知るツアー
●フラメンコ×薩摩琵琶×デッサンライブパフォーマンス「水銀の夜 Mercury de la nuit」
●昔ながらのテコシャンセン♪ 住吉社中のみなさん

190928_184533_20190928_184825_11190928_184842_19190928_184925_13190928_185003_26190928_185018_00

今までもこれからも鹿児島の文化の中心は、天文館。ご協力頂いたみなさま本当にありがとうございました。

gallerys

(2019/09/28)

9月14日(土)天文館もりあげた~い

かつては様々なカルチャーが集う場所だった天文館。
ここで一日限りのイベントを企画中!
天文館に足を運んでくれる人が増える
きっかけになるといいなーー。
ナマ・イキVOICEプロジェクトチームの奮闘の様子をお伝えしました。

190914_183448_27190914_184350_29190914_185012_03190914_184624_02

マ・イキVOICE×天文館 1Day Culture Fes 開催決定!

ナマ・イキVOICEは、天文館で一日限りの カルチャーのお祭を開催。
天文館のあちこちに、 1日限りの仕掛けが・・・
ナマ・イキVOICE特製MAPを持って天文館を巡ろう。
MAPは、KTSの日の会場、天文館ゴンザ通りで配付
限定MENUや特典もあるよ。その日限りのワークショップも!

%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

(2019/09/14)

8月24日(土) ナマ・イキVOICE×天文館  

一年に一度のKTSのおまつり「KTSの日」今年のテーマは“新たな一歩”
令和元年。新たな気持ちで一歩を踏み出した各番組が、それぞれの企画を持ち寄ります。

190824_183212_12

マ・イキVOICE 新プロジェクト

この秋、ナマ・イキVOICEにとっては30年目の秋です。平成2年にスタートしたナマイキ、始まりの場所は天文館でした。
以降13年間、たくさんの女性たちが公開生放送を観覧にきてくれました。さらに中央公園にテンパークという愛称を付けた企画や、テンパーク通りを一面ファッションとアートで埋め尽くしたり。
今の天文館再開発真っただ中で一時期に比べると若い人の行き来が少なくなって、ちょっとさびしい…
やっぱり鹿児島と言えば天文館!もっともっと楽しい街になればいいなーという事で、30年目のプロジェクト「天文館もりあげたい」、発足です。

190824_183253_11190824_183332_26190824_183344_22190824_183351_09

1回目会議

ナマ・イキVOICEと天文館何かできないか?と思って倶楽部員8人に集まってもらいました。そして天文館地区の活性化につとめるWelove天文館のまきのさんと中山さんにも来て頂きました。
まずはみんなが思う今の天文館。本音をぶつけてみました。

・ごはん目的
・お酒が好きな人があつまる場所
・買い物目的でいく事がない

特に若い人向けのショップが激減してきたのは現状です。とはいってもなんだかんだ言ってみんな天文館が好きなんです。
ハッシュタグ「#天ブラ」作り、MAP作り、SNS発信?などなどいろんな意見が出ました。

190824_184036_08190824_184120_02190824_184210_24190824_184227_02

文館で調査開始 

いろんな意見が出た中で、一番盛り上がったMAP。そのMAP作りの方向で市場調査に高橋さんと倶楽部員で天文館へ。
天文館をぶらぶらしていると癒やしの場所を発見!店の中へ入るとお昼寝ができるスペースが。新しいジャンルのお店、ぜひともMAPに載せたいです。
さらに音楽につられて入ってみるとレコードショップが。
天文館で調査していると実は天文館MAPがすでにあったことが判明。「MAPがあるのにナマイキとして作るのはもったいない」いったん仕切り直して意見を出し合いました。

190824_184411_21190824_184442_07190824_184547_01190824_184759_05

文館を盛り上げ隊 募集!

190824_185235_22
お手伝い隊になりたい!天文館でこんな事したい!こんな事してほしいなー。
天文館で場所を提供してくださる方、天文館でお店をしている方。
〝○○なら協力できるよー〟などなど

namaiki@kts-tv.co.jpまでお寄せ下さい。
 

(2019/08/24)

8月3日(土)アートの現場におじゃまします

今、霧島アートの森で開催中の、主に鉄を素材にして作品を作りあげる彫刻家 青木野枝展の制作現場に潜入しました。
秋のアートマ開催に向けて活動を開始した、アートマ作家たちの制作現場へ。
アートの現場 おじゃましま~す♪

木野枝 霧と山展 霧島アートの森 

真っ白い空間に大きなものがー。幾つもの輪っかが複雑に絡み合いながら積み重なっているものや、えんとつみたいにまっすぐに空に向かってそびえたっているものも。主に鉄を使って作品を作り上げる彫刻家・青木野枝さんの作品です。
美川さん、青木野枝さんの制作現場をちょっとだけ覗かせてもらいました。青木さんはバチバチ火花が散らせながら、鉄と鉄をくっつける溶接という作業を行っていました。

青木さんが鉄と出会ったのは、美大時代。火を使えばすぐ切れて繋げるのも簡単という、とってもシンプルなところに惹かれたそうです。
青木さんの制作は鉄を切断するところから始まります。埼玉にあるアトリエでは、ひたすら鉄板に円を描きひたすら切っているそうです。輪っかは1つ1つ手作業で切っているので、同じものは1つもありません。
ちなみに今回の霧島アートの森の企画展のために切った輪っかはおよそ500個!2ヶ月もかかったそうです。

190803_183527_09190803_183630_06190803_183745_17190803_183844_08
「同じ事を繰り返すことが意外と大事な事かな?
鉄を熱してると中が光ってきて、そのままにしてると冷えて鉄の中も半透明に見える時があって。
鉄に透明感なんて思ったことなかったです。
ただただ鉄を切りながら鉄に向き合う日々。大学かららずっとです」

大学から鉄と向き合っていても、毎回新たな発見と魅力に出会うそうです。
青木さんはにとっては、一番身近で様々な表情豊かな鉄。そのパーツがイキイキとした作品になるヒントを、毎日の生活、そして自然から得ているそうです。

今回の制作では、霧島の自然が青木さんの心に何かをもたらし、鉄はただの塊から円に切り取られ、また新たな姿へと変化していきました。鹿児島入りから約1週間で、作品「霧と山」が完成しました。

今年から使い始めたという硝子は霧のように白く、空気のような透明感もあります。そして雨を思わせるブルーの波板は、今回の企画展で新しく取り入れた素材です。

8月10日は 青木野枝さんのワークショップがあります。作家の生の声と体験は本当に貴重、きっと心に残る事間違いなしです。
「常に新鮮さを、美しいものを―」そのヒントは、毎日の生活、そして自然。毎日をただ過ごすではなくて。これは私達にも生き方のヒントにもなるかもしれません。

企画展は9月23日まで。この夏、避暑を兼ねて、霧島アートの森「特別企画展 青木野枝「霧と山」展」に是非足をお運び下さい。

190803_183916_17190803_183935_22190803_184011_14190803_184040_04

%e5%b0%8f%e3%81%b0%e3%81%aa%e3%83%bc
特別企画展 青木野枝「霧と山」展

石浩幸 前回グランプリ

今年もやります!ナマ・イキVOICEのアートのお祭り『アートマーケット』!今年は約70組の作家が出展します。その中から、前回の受賞者お三方の制作現場におじゃましました。

前回のグランプリ受賞者、永石浩幸さん。技術力、そして表現力を、日本、世界にも発表してほしいという願いも込められた、グランプリ獲得でした。
永石さんの作品は、キャンバス一面に細かく描かれた様々な妖怪たち。ひたすら線を引く事ことで頭の中でイメージがわいてくるんだそうです。今回のアートマではこの妖怪たちが108匹ぐらい。
108匹の名前、性格まで決めるそうです。どんなカタチで表現されるのでしょうかー?そして永石さんは今回のアートマメインポスターも担当します。こちらもお楽しみに。

190803_184719_26190803_184755_29190803_184802_25190803_184809_17

Keylyon 前回準グランプリ

前回準グランプリに選ばれたのは、色鉛筆で描かれたKeylyonさんの作品です。子供と会話する言葉、日常を動物にたとえ、子供たちへのメッセ-ジーも込められている絵の数々には、愛情がひとつひとつこもっています。
「もっと大きい作品がみてみたい」という審査員の声を受けて、これまでの約8倍ぐらいの大きさに挑戦!
「結構苦しいっす。今自分が出せる全力を出しているんですけど、納得いかない」
苦しみながら、でももっとうまくなりたいー。Keylyonさんはアートマまで描き続けます。

190803_184829_29190803_184833_11190803_184913_04190803_184936_27

イクヨシキさん 前回3位

前回3位を獲得したダイクヨシキさんは、各界の三人の専門家を肖像画とプロフィールを展示していました。でも実はこの三人の専門家、ダイクヨシキさんが想像した架空の人物だったんです。
これまでも、芸術鑑賞が鈍くなるウイルス発生!とか、世界最軽量、永久無料、充電不用の糸電話の販売員をしたりと、独創的な展示をしてきたダイクヨシキさん。今回はどんな作品を見せてくれるんでしょうか?

190803_184958_15190803_185017_19190803_185022_02190803_185105_11

査員&ゲスト発表!

審査員
鹿児島在住イラストレーター 大寺聡さん
霧島アートの森学芸員 宮薗 広幸さん
彫刻家 青木野枝さん

190803_185138_24190803_185140_17190803_185147_25

ゲスト
井上亮さん&DJみそしるとMCごはん

190803_185156_30190803_185204_08

アートマは10月26日、27日2days、アミュプラザ鹿児島で開催です。今年も盛り上あがっていきましょう♪

%e3%81%b0%e3%81%aa%e3%83%bc

第25回ナマ・イキVOICEアートマーケット

10/26(土)、27(日) アミュプラザ鹿児島にて2DAYS ※雨天決行

 ナマ・イキVOICEアートマーケット ホームページ 

(2019/08/03)

ナマ・イキVOICE スタジオワークショップ 夏の“書”の教室

%e6%9b%b8%e9%81%932
 

スタジオワークショップ 夏のの教室

講師    松下美紅さん(書道家) Instagram:@miku_33
日時    7月20日(土) 17:00集合~19:00
場所    KTS (鹿児島市紫原6-15-8)
定員    8名 (18歳以上)※応募者多数の場合は先着順となります
参加費無料 おもてなし付きです

 

暑中見舞いにもなる、夏の「書」を楽しみます。
  
ポストカードに書くので、そのまま暑中見舞いにも使えるし
お部屋に飾ってもよし…
ただただ字を美しく書いてみたいって方も。

 

お申込みはこちらから▼

◉  申し込みフォーム  
 

お問い合わせはこちら▼ 
namaiki@kts-tv.co.jp

(2019/07/17)

12月1日(土)after report!! ナマ・イキVOICE アートマーケット

第24回ナマ・イキVOICEアートマーケット。今回も県内外から多彩なアートが集結しました。ナマ・イキVOICEアートマーケットの前日。会場となるアミュプラザ鹿児島に続々とアーティスト達が集まりました。たくさんの荷物を携え、いざ発表の場へ。明日の本番を前に参加者達は様々な想いを胸に秘めていました。この鹿児島でアーティスト達にとって貴重な発表の場となっている、アートマーケット。きっかけは、1通のメールでした。
「鹿児島のアーティストに発表の場を!」
この声を受け、ナマ・イキVOICEではこれまで17年にわたって、作家達と共に鹿児島のアートを発信してきました。アートマへの参加を機に、日本全国で活躍するようになったアーティストも出ています。
24回目の開催を迎えた、ナマ・イキVOICEアートマーケット。78組のアーティスト達が参加しました。絵画やオブジェ、彫刻などアーティスト達の情熱が詰まった渾身の作品が、今年もアミュプラザ鹿児島に大集合しました!アミュプラザ鹿児島には2日間でおよそ11万人が来館し、作品を見たり買い物を楽しんだり。
表現したい、伝えたいという情熱。アートにかけるそれぞれの想いに迫りました。
181201_183016_03181201_183039_24181201_183150_16181201_183325_04

◆夢夢(イラスト)
早速美川アナウンサー、お気に入りのアートを発見。イラストレーター・夢夢(むむ)さんの作品です。女の子たちを優しく可憐に描いていました。
「女の子を描くのが好きなんですけど、横顔が一番キレイに見えると思って描いている」
大好きなもの、キレイなものを作品にしたい。そんな想いがこめられています。
181201_183415_04181201_183428_29

◆村岡寅則商店(和菓子アクセサリー)
季節の果物や、練り切りなど、和菓子をモチーフにしたアクセサリーを販売している。特殊な粘土を使って和菓子の質感を表現したこのアクセサリーは、海外の展覧会でも人気を集めています。 
181201_183446_19181201_183511_02

◆河童モルヒネ(漫画芸術)
多くの作家が美しいアートを追求する一方、ネガティブなパワーを作品にぶつけたアーティストもいました。漫画家・河童モルヒネです。映画館の一角には彼の作った不気味なオブジェや絵画が並んでいます。作品のテーマは「地獄」。
「本当にネガティブなパワー。かなしい、さみしい、辛いみたいな想い」
強烈な印象を与えるこの地獄アートに、訪れる人も興味をそそられていました。
181201_183541_19181201_183545_24

◆みずもとみほ(コンピューター・グラフィックス)
訪れる人に向けてライブペインティングを展開していた、初出展のみずもとみほさん。実は人前で絵を描くことは、彼女にとって大きな挑戦でした。以前は絵を描いていることを隠していた水元さん。しかし知り合いのイラストレーターから「もっと表に出そう」と励まされ、絵を公開するようになりました。毛並みの1本1本までこだわった動物たちのイラストはペットを飼う人の人気を集めています。
「批判されたらどうしようとか、認められなかったらどうしようとか…別にそんなことはなくて、ありがたいなって思います」
作品に込めた想いが認められる。訪れる人、作家、アートで心が通った瞬間でした。
181201_183629_02181201_183709_22

◆yaya(彫刻・絵画)
作家達の自由な表現の場、アートマーケット。今回はいろんな仕掛けがありました。渡り廊下の隅に置かれた男の子の彫刻。あれ、どうしたのかな?そう思って近づいてくる子どもたちも。
「ちょっと人目についてぎょっとされるようなところに置こうと思いまして」「反応が一番欲しいので」
181201_183942_03181201_183954_14

◆ayachi
トイレでおじさんをモチーフにした巾着を見つけました。これまでは館内で展示販売していましたが、今回は置く場所もアートとして作品を並べたそうです。
「日常の中におじさんがあると良いなと思って」
自分のアートを身近に感じてもらいたい。そんな仕掛けだったんですね。

181201_184046_22181201_184113_18

◆演劇集団宇宙水槽(シチュエーション屋)
中には参加型のブースもありました。
「やめて!私のために争わないで!」「犯人はこの中にいる!」
どこかで聞いたような台詞…!演劇集団宇宙水槽では、一度は言ってみたい名台詞をお客さんに言ってもらうためのシチュエーションを用意してくれていました。
181201_184154_27181201_184244_25

◆審査開始
大寺聡さん
鹿児島在住のイラストレーター・大寺聡さん。鹿児島マラソンのポスターデザインを手がけ、過去4回、アートマの審査員を務めています。作家たちのデビューも後押ししてきました。

松井えり菜さん
審査員初参加、松井えり菜さん。若手アーティストの登竜門であるGEISAIで、金賞を受賞した画家です。2016年には霧島アートの森で個展を開催しました。
遠藤一郎さん
3年連続で審査員を務める遠藤一郎さん。車で全国各地をまわる芸術家で、アートマで出会った作家を全国の展示会で起用するなど、鹿児島のアートを盛り上げる立役者です。
181201_184500_26181201_184505_25
午前10時、審査が始まりました。ブースを一つずつ見てまわり、評価していきます。審査の一方で、作家へのアドバイスもしていました。作家にとってよりレベルの高い作品作りにつながる貴重な時間にもなっています。審査が終わり控え室へ。およそ1時間の協議の末、グランプリから上位3組が決まりました。

◆アートマコンテスト 結果発表

グランプリ 永石浩幸 (絵画)  
drsv0i1vsaagbn3

白と黒で大きなキャンバスに描かれた抽象画が、審査員たちを惹きつけました。妖怪や魔界の生き物など、想像上の世界を表現したいという想いが作品に強くに現れていると評価されました。アートマの最中に彼の絵を買っていく人も。
「見えないものが好きなので。彼はそういうのを描いている」

181201_185027_08181201_185036_23
 
準グランプリ Keylyon (イラスト)
drsw2buvaaifbup

準グランプリはKeylonさん。Keylonさんの作品には、子ども達への大切なメッセージが込められていました。
「自分の父親が39歳で亡くなった。自分がいなくなった時に子ども達に伝えきれないことを絵にした」

181201_184909_02181201_184927_03

 
第3位 ダイクヨシキ (Portrait)  
drsxvwfvaaa6vdh

3位に選ばれたのは、ダイクヨシキさん。3人の専門家の肖像画と、プロフィールなどを飾ったシンプルなアートですが、描かれているのは全て架空の人物。文字を読み込ませることで見る人を引き込み、思考や想像力までをアートと捉えた作品です。

181201_184823_18181201_184849_10

◆Lily(アクセサリー)
アミュ広場の一角で手作りのアクセサリーを販売している、アクセサリー作家のLilyさん。アートマ開催のきっかけとなるメールを寄せてくれたその人です。
「物作りをすることはやめられない」「小さな作品、小さなアートだけど発表する場があって嬉しい」

アートを愛する1人の女性の叫びから始まったナマ・イキVOICEアートマーケット。鹿児島の秋に今年もアートの花をそえました。
181201_185318_17181201_185404_06

◆12月1日OA MCスタイル◆

    %e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1
 
<衣装協力>
庄村アナウンサー・美川アナウンサー
ROSE BUD
マルヤガーデンズ1階にあるお店です

(2018/12/01)

11月10日(土)第24回ナマ・イキVOICEアートマーケット

“作品の発表の場が欲しいー。”番組宛てに届いたメールをきっかけに、今年で24回目を迎えたアートマ。舞台は、アミュプラザ鹿児島!慣れ親しんだショッピングスポットがアートの館へと様変わりする二日間。約80組の作家たちが手ぐすね引いて待っています。さぁ、今年はどんな出会いが待っているのか。アートの世界にどっぷり浸ってみましょう♪

181110_183029_13

第24回ナマ・イキVOICEアートマーケット ホームページ

◆初出展 ブースNO.38 yaya
タイトル「おもちゃ買わないと動かないよ」
181110_183431_25181110_183426_07
お店でよくみかけますよね。こうやってすねている子ども。
彫刻・絵画作家のyayaさんの作品は、日常のささいなことや心の叫びがそのまま表れています。
タイトル「あーまたPTAか」
タイトル「私はPTA会長になりませんよ」
181110_183450_16181110_183453_21
yayaさんはスターウォーズに憧れ、27才でアメリカで映画の世界へ。yayaさんがやりたかったという特殊メイクの基礎になるのが彫刻だったそうです。
結婚を機に彫刻からは離れていましたが、その間に溜め込んできたエネルギーがアートマで爆発します。
「本格的にしないとこのままおわったら嫌だな。一番は、ギョってしてもらいたい。あれ?ってこう。」
アミュのいたるところに出現する立体たちにご注意を。
181110_183456_21181110_183506_25181110_183414_02181110_183621_07

◆初出展 ブースNO.36 NOBU
これまでもさまざまなジャンルの作家たちがエントリーしてきたアートマですが、今年もまたひとつ新たな風が舞い込んできました。職業・自動車板金塗装屋のNOBUさんです。サッカー歴40年、地元のサッカークラブのコーチを勤める正真正銘の体育会系のNOBUさん、突如アートに目覚めたのは10年前のことー。
181110_183712_14181110_183740_10
「この仕事してると塗料があまるもんですから、飲んだ缶にランダムに塗って遊んでて」
缶コーヒーのペイントに始まり、廃材となった車のテールランプを砕いて額に飾ってみたり、ステンレス状のパネルに塗料を流しこんでみたり…そして、行き着いた先がー、ドラム缶。車の凹み修理、塗装の技を使って、テーブル、棚、イスとドラム缶をあらゆるものに変化させます。
作り始めたが最後、体育会系の血が騒ぎ作るだけには留まりません。上を目指して一つでも上に! 美術展に出展しつづけること10回以上。入賞、入選、秀作賞、優秀賞!を獲得してきました。
「何をしたら1番になれるんだろう?そしたら大きなものをみればそこまで歩める」
スポ根魂で作り上げる渾身のドラム缶アート。世界への道はアートマから!

181110_183803_25181110_183819_29181110_183848_10181110_183940_12

◆ブースNO.20 Linola 
新しい作家もいれば、アートマから旅立つ作家もー。アクセサリー作家・Linola(リノラ)。アートマ出展は今回が最後です。趣味で始めたもの作り、自分が思う「かわいい」をアクセサリーに詰め込みSNSで発信するのが作家人生のスタートだったそうです。
「一人で作っているので他の意見という反応がわからなかったので、イベント出展したくてもする機会が場所がなかったんですよね。アートマでチャンレジしてみようって。応募してみました」
アートマ初出展は2004年11月。SNSで獲得したファンが詰めかけ、その作品をゲットしようと女子達の長蛇の列が出来ました。
「すごいびっくりしました。色んなお客さんと話す機会が増えて、作品もだいぶ変わりました」
アートマで出会ったお客さんとの出会いがヒントになって、新しい作品が次々と生まれていきました。
181110_184026_13181110_184125_23
4回目のアートマ。これが最後です。特別な思いで臨む今回のアートマでは、かつてお客さんとしてブースを訪ねてきてくれた一人の作家とコラボすることにしました。
「高校生の子です。その時もイラストを書いてもって来てくださってて、自分も発表の場がなかったので、そういう機会を求めてる子と一緒に何かをしたかった」
Linolaのアクセサリーを身につけた女性たちのイラスト。このイラストが入ったパッケージに、Linolaのアクセサリーを入れる。若き作家とのコラボレーションでアートマへの思いを未来へと繋ぎます。
181110_184149_14181110_184214_24181110_184205_16181110_184219_25

◆ブースNO.76 河童モルヒネ 
意味不明の漂う負のオーラ。
「やばいあれをしようと思っています。」
あれとはなんなのか…漫画家、「河童モルヒネ」。ネガティブなマインドや思いが、作品のメインのエネルギーとなって転換して消化させる。彼が掲げた今年のアートマのテーマは、地獄!!
「みんな思っていると思う、心に。それぞれの地獄があって。誰の物でもない自分だけの地獄。悲しさ、辛さ、怒り」
「地獄どれくらい完成してます?」「5%です。これから95%を…」
河童モルヒネの地獄の世界は100%に達したのかー。その目で確かめて下さい。
181110_184615_13181110_184642_09181110_184657_26181110_184726_05

◆ブースNO.41 シマカミリッカ 
前回グランプリを獲得したシマカミリッカさん。前回審査員の目を釘付けにした作品が、こちらの女の子の絵。よーくみると、様々な画柄が施されています。背景には凹凸のある繊細な柄が…いろんな手法がミックスされた新たな絵画だと評価され、グランプリを獲得しました。実は彼女、職業は薩摩焼の絵付け師。
181110_184850_21181110_184856_05
「自分の人生を反映させた作品を作りたいって思っていて、大学まで学んできた絵画と焼きものの絵付け師の技法を掛け合わせて絵を描いています。」
今回のアートマでは新たなモチーフに挑戦するとか。

181110_184917_01181110_184939_06181110_184955_05181110_185017_20

◆ゲスト審査員  
未来へ号ドライバー 遠藤一郎
【未来へ】と書かれたバスで車上生活をしながら、日本全国でアートプロジェクトを展開している遠藤さん。「GO FOR  FUTURE」のメッセージを発信し続ける未来美術家です。2年前のゲスト審査員としてやってきて以来鹿児島のアート熱の高さを 国内外に発信し鹿児島のアーティストたちに新たな刺激を注入し続けてくださっています。
181110_185150_15181110_185152_16

イラストレーター 大寺聡
鹿児島を代表するイラストレーターの大寺聡さん。地方に住み続けながらの制作活動は、鹿児島の作家たちの希望の星。大寺さんが今回足をとめるのはどんな作品でしょうか。
181110_185129_03181110_185133_20

画家 松井えりな
一度みたら忘れられない強烈なインパクトを放つ自画像で知られる、画家の松井えりなさん。2年前の霧島アートの森での展覧会は圧巻でした。世界的アーティストの彼女が注目するのはどの作家でしょうか。
181110_185111_17181110_185106_17

      

(2018/11/10)

mc style

MCの庄村奈津美と美川愛実が着用した衣装をご紹介。