MENU
ON AIR
4:12オープニング
4:20KTSモーニングウェーブ
4:25テレビショッピング
4:55テレビショッピング
5:25めざましテレビ
8:00とくダネ!
9:50ノンストップ!
11:20ぽよチャンネル
11:25国分太一のおさんぽジャパン
11:30FNN Live News days
11:55バイキング
13:45直撃LIVE グッディ! 1部
14:50かごニュー
15:20テレビショッピング
15:50ぽよチャンネル
15:55最高の離婚
16:50Live News it!
18:14KTS Live News
19:00今夜はナゾトレ
20:00潜在能力テスト
21:00パーフェクトワールド
21:54KTSニュース
22:00レディース有吉
22:54ぽよチャンネル
23:00セブンルール
23:30乃木坂46のザ・ドリームバイト!
23:40FNN Live News α
24:25ぽよチャンネル
24:30ゴッドタン
25:00ゴッドタン
25:30ぽよチャンネル
25:35サチのかごしまリサーチ
25:40面白南極料理人
26:10テレビショッピング
26:40ニュース女子
27:40ぽよ☆インフォメーション
27:43天気予報
27:44クロージング

    第15回ナマ・イキVOICE ARTMARKETの記録

    「作品を発表する場が欲しい。」
    9年前、一通のメールから始まったナマ・イキVOICEアートマーケットも15回目
    世界中の名だたるアーティストたちの作品が並ぶ芸術の聖地「霧島アートの森」で開かれた。

    「アートの化学変化」
    もはや アートマって、単なる“発表の場”じゃない。
    アーティストとお客さん。
    アーティストと森。
    いろんなところでいろんなものが化学変化を起こしている。

    きょうのナマ・イキVOICEは、
    11月3日 霧島アートの森で行なわれた、アートマーケットの一日を振り返ります。


    準備~オープン

    11月3日、朝6時
    実行委員のみんなは 寒い中、朝早くから アーティストブースの 最終チェック。
    アーティストたちも 続々と 集まってきて、静かな森に いろんな音が響き始めた。
    「寒いですね、でもあったまってきました」
    「今日はいい風が吹いているので、風がふくといい音がするんで」
    「ちゃんとできんのかなー」
     ウロウロ ウロウロ・・・


    午前8時
    実行委員のみんなは、さすが15回目ともなると ちょっと余裕で腹ごしらえ。
    2度目のアートマ「ひたすらワクワク。少しでも役に立てたらって。」
    4年目実行委員「この人今回出てるとか勝手に喜ぶ」


    午前9時
    ダンスパフォーマーホナガヨウコさんが到着。
    「すごい楽しみです。いいお天気にもなったし、どんな人と会えるのか楽しみです。」

    午前10時
    「ナマ・イキVOICE アートマーケットオープンです」


    森と化学変化

    宮内ゆか

    森の中に 現れた 大きなアート
    イカ一筋。ただひたすらイカだけを描き続けてきた彼女が、今回描いたイカとは―。

    「地球が滅びたら、次はイカが支配するって。森に上がってくるらしいです。」
    海からあがった イカたちが、森の中で楽しそうに生きる空想の未来を表現した。

    「やっぱり明るい絵は 私には向いてないことがわかりました。」


    ダイクヨシキ

    「森がもし意志を持って、目を持っていたらこうなるんじゃないかっていう作品です。」


    よーくみると 落ち葉の中に たくさんの目が。
    笑っていたり、怒っていたり、さみしそうだったり、泣いてたり。



    「人間の小ささというか。僕らがいている以上に、森や作品は僕らを見ていると。」
    お客さん「探すのが楽しみです。」


    上坂元 均

    みんなが 恐る恐る 見ていたもの―。森の中に 座りこんだ おじさん。

    “おじさんが好き”っていう ちょっと変わった趣味を持つこの人。上坂元 均さんが仕掛け人。

    「犬が逃げちゃったんで、うなだれてる感じです。」

    着古した自分の服を おじさんには着せてあげた。もしかしたら、この森に、本当に住んでいるかもしれない。
    森の中で 今にも 動き出しそうな 作品だった。


    KIRI WORK

    「すごいなー、細かいとこよく切りますねー」

    切り絵作家の キリワーク
    黒と白のキリ絵では、シャープな イメージになりすぎる。



    だから、色の組み合わせや 紙の質感、厚さには、十分こだわる。芝生の上で やわらかくて、優しい世界を放っていた。


    あごぱん

    いろんなモノに パンダを描いてきた アートマ常連アーティスト
    今回 あごぱんが仕掛けたのは、森の中の いろんなパンダたち―。

    「だいたいパンダって、なんかこうイメージが統一されてる」


    だちょうの卵に パンダを描いた。アーティストたちの ちょっとした 遊び心が、森の中に アートの可能性を広げている。


    アーティストとお客さんの化学変化

    ホナガヨウコ

    11時。 ホナガヨウコさんのカフェオープン。
    カフェの店員に扮した ホナガさんが、メニュー表を持って、お客さんのもとへ。

    お客さん「クセになるダンスをお願いします。」
    ホナガ「ダンスオーダー入りまーす!肩こりと脱臼してまた入れる。」
    自分のためだけに 目の前で踊ってもらえる 贅沢なダンスカフェ。カフェでダンスをオーダーできるっておもしろいよね。

    お客さん「おなかいっぱいになりました。面白かった!贅沢!一人で!」

    アーティスト と お客さん。初めて会ったお客さんなのに、なぜだか ココロが通ってしまう。
    不思議なアートの化学変化。


    グリッター

    森の中に かわいいチャペルが 現れた。
    長い列が できてる。

    帽子作家の「グリッター」が、結婚式の参列者を表現した帽子は、あっという間に売れていった。

    * * * * *

    観るアートも、買うアートも、
    森の中で響きあって 楽しいときが流れていた。



    アートマが引き起こす内面の化学変化

    サトル

    「よろしかったら・・・」
    サトルさんが ポケットから取り出したのはー「名刺」

    ちょっと前まで、ひきこもりがちだったっていう、サトルさん。
    アートマに出展するようになって、こんな変化が―。

    「人嫌いを克服したい」
    内面の変化とともに作品の数は格段に増えた。
    なんと、髪が柄物のオンナの人の絵が60枚。


    げんでん堂

    2年前、魔よけだらけの しぇるたの中で 一人ひっそり 身を潜めてたGABO
    去年は、祝い事だって言って ちょっと 明るくなってた。

    そして今年は― 超自然体のガボ。

    げんでん堂っていう会社の社長さん。げんでんカレンダーに、げんでんミュージック。これからも いろんなものを発信していく計画があるらしい。

    審査員の藤さん「社長ってのがいいね。おもしろいねー、相当いい感性してるよ。」


    マンガオ

    森の中に指名手配の似顔絵が。

    マンガオ、前回のアートマでは 思わず男泣き。今日は、いつも以上に意気込んでいた。
    今回は 誰の力も借りず、たった一人でやりぬく。
    そう誓ったマンガオは、森の奥深くで、ひっそりと もくもくと 似顔絵を描き続けていた


    矢野剛毅

    8年ぶりに作品を発表する矢野剛毅さん。いつも 見慣れた場所「台所」を表現した。

    タルトに、魚の燻製、丸焼きチキン。よくみると、ハエもゴキブリも。
    台所には テレビもある。


    一つは イマドキのモダンな 結婚パーティー。
    そして、もう一つは、昔ながらの お座敷での結婚式。

    「人生は常に表と裏がある。」


    アートマが引き寄せる化学変化

    靴屋さん

    長崎の伊東製靴店さん
    「なんか 楽しいじゃないですか、直接お客さんと話して。」


    お客さんとのふれあいを楽しみにここまでやってきたんだって。


    吹きガラス

    Glass MatsunoHa さんは、広島から トランクケースに ガラスの作品をいっぱい詰め込んで、やってきた。


    小さくて かわいいガラスたちに みんな引き寄せられてた。


    旅する画家

    近藤剛司さんは、ほんのちょっとだけ、鹿児島に滞在するつもりが、桜島に一目ぼれして、
    なんと もう半年も鹿児島で桜島を描き続けている。

    「優雅で、興奮して、もうあのパワー、エネルギーをもらって、そしたら、こんな絵ばっかりかきだした。」


    近藤さんの絵には 実は仕掛けが。
    「これ(桜島の灰)を練りこむ。せっかくエネルギーの中から出たんだから。」
    キャンバスの上で 絵の具も 化学変化している。


    お客さんとの化学変化

    ユダ・オブザイヤー

    人だかりの先には・・・ユダ・オブザイヤー

    「謎の生物なんですよ。いけにえの状態でお見せします。」

    これが その謎の生物の正体。
    森に溶け込んだり、穴の中に 姿を隠したり、お客さんから 食べ物をもらったり。


    とにかく 怪しかった。


    * * * * *

    午後2時。
    芝生広場にみんなが集まって
    実行委員が準備してたガラクタの数々でいろんな楽器が、生まれた。

    午後3時
    naomi&goro「森の音楽界」開始

    最後は みんなで 大合奏


    楽しかったねー。
    こうして、15回目のアートマも終わった。


    審査結果

    ・ファミリマート賞 KIRI WORK

    ・マルヤガーデンズ賞 あごぱん

    ・株式会社 下堂園賞 KIRI WORK
    ・BENCH賞 矢野剛毅
    ・我流風ラーメン賞 ヤマサキヤエコ

    ・熊本市現代美術館賞 上坂元 均
    ・都城市立美術館賞 肱岡閑一
    ・藤浩史賞 まいん
    ・アートの森賞 松尾晴代

    ・naomi&goro賞 市之瀬章
    ・ホナガヨウコ賞 タケオナナミ

    第3位 近藤剛史

    準グランプリ ダイクヨシキ

    グランプリ 矢野剛毅


    イベント開催年で絞り込む
    2019%e5%b9%b4%e5%ba%a6
    2018
    2017
    2016
    2015-10
    2015-05
    2014
    2013
    2012
    2011
    2010
    2009
    2008
    2007
    2006
    2005