MENU
ON AIR
4:23オープニング
4:25テレビショッピング
4:55テレビショッピング
5:25めざましテレビ
8:00とくダネ!
9:50ノンストップ!
11:20テレビショッピング
11:25国分太一のおさんぽジャパン
11:30FNN Live News days
11:55バイキング
13:45直撃LIVE グッディ! 1部
14:50ぽよチャンネル
14:55ジャパネットたかた 生放送テレビショッピング
15:50カレー放浪記
16:20映画「天気の子」前線
16:50Live News it!
18:14KTS Live News
19:00FIVBワールドカップバレーボール2019 女子 日本×韓国
21:49まもなく監察医 朝顔
21:55監察医 朝顔
22:49KTSニュース
22:55新説!所JAPAN
23:49匠の蔵
23:55石橋貴明のたいむとんねる
24:35FNN Live News α
25:30ぽよチャンネル
25:35ナマ・イキVOICE
26:05ぽよチャンネル
26:10ぱちタウンTV
26:40テレビショッピング
27:10この子の未来 〜共生社会の現実〜
28:05クロージング

    第16回アートマーケット 審査員総評!

    会田誠氏 美術家

    商業施設でやるアートイベントをこれまで何度か見てきて、成功した例がない。
    しかし、ここは、売り場のハンディを逆に利用して美術館(ホワイトキューブ)では生まれない面白さを出している人もいて感心した。
    工芸・アクセサリーなどは審査に絡んでこない傾向があるが、それは気にせずに。アートと実用性のあるようなもののジャッジの仕方が難しく、結局は実用性のないファインアート的な視点で賞は決められたが、だからといって、工芸的なもののクオリティが低かったわけではない。(審査の中で)最後まで残った作品もあった。

    安齋肇氏 イラストレーター、アートディレクター

    作品そのものに年齢は関係ないが、ここに出展している年配の人は生活そのものがアートと密着している感じがし、そして若い人たちは今手探りで何をしていいかわからず、だから「マーケット」という方に気が向いて、売りたい気持ちばかりだったりする。
    そんな双方の心が別れてるその間に「アート」があるんじゃないかと思う。
    今回3人で話し合いをして誰に賞をあげるかと考えたときに、3人とも一致していたのが、この先アートマーケットがどうなるのか?それを誰が支えてくれるのか、支えてくれるであろうと思う人を奨励して賞をあげようと思った。
    (これから)どんな形でもいい。どんな参加の仕方でもいい。アートなんてへっちゃらなもの。理由は何もない。鹿児島からアートを!!

    しりあがり寿氏 漫画家

    楽しかった。
    何が楽しかったかって、何がアートなのか、わけがわからないと改めて感じたこと。
    これからもこのアートマが発展していってもっとわけがわからなくなるように応援する。

    イベント開催年で絞り込む
    2019
    2018
    2017
    2016
    2015-10
    2015-05
    2014
    2013
    2012
    2011
    2010
    2009
    2008
    2007
    2006
    2005