番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

県の支援金の申請受付26日から開始 売上50%以上減の事業者対象 鹿児島

2021年2月24日20:00

新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく減少した事業者を対象とした鹿児島県の支援金の申請の受け付けが26日から始まります。

県の「事業継続緊急支援金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく減少した事業者を対象に、事業の継続支援を目的とした県独自の取り組みで、これまでに総額13億8千900万円が予算に計上されていました。

当初は2020年12月から2021年2月までのうち、1カ月の売り上げが前の年の同じ月と比べて70%以上減少した中小企業と個人事業主を対象に上限20万円を給付する予定でしたが、県は2月5日、給付対象を「50%以上減少した事業者」に広げ、70%以上減少した事業者には10万円上乗せする拡充策を発表しました。

支援金申請の受け付けが26日から始まるのを前に、24日の県議会の3月議会本会議では、今年度の3月補正予算案のうち、この支援金の拡充に必要な経費21億200万円分について先行して議案が提出され、全会一致で可決されました。

この支援金を除いた総額282億円あまりの3月補正予算案の採決は3月10日に行われる予定です。

過去の記事