番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

青学駅伝部・原監督「強みを知って」 鹿児島城西高校で講演

2020年10月1日19:11

大学駅伝の強豪、青山学院大学駅伝部の原晋監督が、1日、鹿児島城西高校で講演しました。

原監督は広島県出身で、箱根駅伝では青山学院を総合4連覇を含む5度の優勝に導いています。

鹿児島城西高校駅伝部の選手を中心に約50人が参加した講演会で原監督は、サラリーマンから大学駅伝界を代表する監督になった経験をもとに、「自分自身を知ることから始めてもらいたい。そして強みを生かす力を持ってもらいたい」と、選手たちに語りました。

質疑応答で、安定した力を発揮する選手の特徴を聞かれると、「これからの社会は、とがった選手、人間を作るのが教育だと思っている」と、答えました。

駅伝部3年の野村昭夢さんは、「個人としてもチームとしてもできていないことを分かりやすく教えてもらった。大会に向けてしっかり改善したい」と、話しました。

過去の記事