番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

妊婦のPCR検査無料に 鹿児島県

2020年10月1日19:05

新型コロナウイルスへの不安を抱える妊婦が、出産前にPCR検査を無料で受けられるようにする取り組みが、1日から鹿児島県内で始まりました。

無料化の対象となるのは、出産予定日までおおむね2週間以内で、発熱など新型コロナウイルス感染を疑う症状はないものの不安を抱えている妊婦です。

検査を受けられるのは妊婦1人あたり1回で、検査機関には国の補助金を活用して2万円が助成されるため、妊婦の費用負担はありません。

県内33の医療機関で実施されますが、検査を受けるにはかかりつけの産婦人科などへの相談が必要だということです。

また、鹿児島市では、1日以降に出産した母親を対象に、出産後2カ月ごろ、心の状態や育児状況について独自の相談支援を始めます。

一般的に産後2〜3ヵ月は、「産後うつ」になりやすいと言われていて、鹿児島市では小児科医などが問診・相談して結果を市に報告する仕組みを整えることで、必要に応じた支援につなげたい考えです。

過去の記事