番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

馬毛島計画めぐり防衛省が西之表市の質問書に回答 八板市長の今後の判断は

2020年9月30日19:00

アメリカ軍の訓練の移転候補地となっている鹿児島県西之表市の馬毛島をめぐる問題です。防衛省の訓練計画に対する西之表市の質問書に防衛省から回答があったことが分かりました。

西之表市の馬毛島はアメリカ軍の訓練移転候補地となっていて、8月、防衛省は自衛隊基地を整備する案やアメリカ軍の訓練の計画について西之表市に説明を行いました。

西之表市の八板俊輔市長は「説明が不十分」として、滑走路以外にどのような施設を作るかや訓練による騒音の影響について質す質問書を防衛省に送っていました。

質問書の回答期限は30日で、西之表市によりますと午後4時頃、防衛省からメールで回答があったということです。

八板市長はこれまで訓練移転の賛否を明言しておらず、防衛省の回答を見て賛否を判断する姿勢を示しています。

防衛省からの回答の具体的な内容はまだ明らかになっていませんが、KTSの取材に対して八板市長は「回答内容をしっかり見て対応を考えたい」と答えました。

過去の記事