番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

「鶴丸城御楼門」をテーマにした企画展が始まる 鹿児島市

2020年9月30日15:15

2020年に約150年ぶりに復元された鹿児島市の鶴丸城御楼門をテーマにした企画展が始まりました。

鶴丸城の御楼門は、高さ、幅、ともに20メートルと日本最大の城門で、4月に約150年ぶりに、鹿児島市城山町に復元されました。

30日から始まった企画展では資料250点が展示され、御楼門の歴史をたどれます。

現存する最古の鶴丸城周辺の地図が展示されていて、天守がない代わりに城山が描かれています。

城下町側の海岸線は、現在の市電のルート沿いあたりと見られます。

ほかにも、当時の暮らしを垣間見られる御楼門周辺で出土された陶器や、黎明館に保管されている調度品が展示されています。

企画展は県歴史・美術センター黎明館で11月3日まで開かれています。

過去の記事