番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

「基本の徹底を」 クラスター発生受け、鹿児島県が対策会議 新型コロナウイルス

2020年9月26日18:12

県は26日、鹿児島市の接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスターが発生したことを受け、対策会議を開きました。

鹿児島市によりますと、今月22日にクラスターの発生が確認された鹿児島市天文館の接待を伴う飲食店では、マスクやフェイスシールドの着用が徹底されていなかったということです。

26日の県の対策会議では、県民に対して手洗いやソーシャルディスタンスの確保など基本的な感染症対策の実施を改めて呼びかけることが確認されました。

また、全国知事会のウェブ会議も開かれ、塩田知事は新型コロナウイルスとインフルエンザの診療を別に行うなど、医療体制を整える必要性を強調するとともに、地域の実情に応じた財政支援を訴えました。

過去の記事