番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

台風12号発生 連休明けは西~東日本で雨風ともに強まるおそれ

2020年9月21日14:00

日本の南海上を発達しながら北上していた熱帯低気圧が、21日正午に台風12号に変わりました。

気象庁によりますと、台風はやや発達しながら北上を続ける見通しで、連休明けは秋雨前線の北上とあわせ、西~東日本で雨風ともに強まるおそれが出てきました。

現在、台風12号は日本の南海上をゆっくりと北に進んでいます。中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルです。暴風域は伴っていません。

台風は今後やや発達しながら北上を続け、予報円の中心を進んだ場合、22日は奄美地方の東、23日は種子島・屋久島地方の東を進み、24日に紀伊半島付近で温帯低気圧に変わる見通しです。

台風の北上に伴い、奄美~沖縄地方にかかっている秋雨前線も北上し、23日から24日にかけては西~東日本の広い範囲で雨風ともに強まり、所により警報級の大雨になるおそれがあります。

今のところ台風が鹿児島県を直撃する可能性は低い状況ですが、23日から24日にかけては鹿児島県内でも雨風が強まり、太平洋側の海域はしける見込みです。

台風が温帯低気圧に変わっても、風の強い範囲が拡大するおそれがあるため、しばらくは強風と高波にも注意が必要です。

過去の記事