番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

「全ての市民の声に耳を傾けたい」鹿児島市長選挙で初当選を果たした下鶴隆央氏 

2020年11月30日12:03

29日投開票の鹿児島市長選挙で初当選を果たした元県議の下鶴隆央さんは、一夜明けた30日朝、「全ての市民の声に耳を傾けていきたい」と決意を新たにしました。

任期満了に伴う鹿児島市長選挙。

新人4人による激戦を制したのは元県議の下鶴隆央さん(40)でした。

下鶴さんは40歳で、鹿児島市政最年少の市長となります。

下鶴さんは30日朝、地元の谷山地区で有権者に感謝の思いを伝えました。

事務所に戻ると、自身の当選を伝える新聞に目を通します。

喜びをかみしめつつ、「これをやらなければならない、ということは明らかなので、コロナ対応、新年度予算編成など身の引き締まる思いをしている」と話し、山積する課題の解決に決意を新たにしました。

その後、下鶴さんは、鹿児島市役所で当選証書を受け取りました。

任期は12月23日から4年間です。

なお、鹿児島市長選挙の投票率は、38.16%で、過去最低だった前回を13.16ポイント上回りました。

過去の記事