番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

マスクを回収して寄付 鹿児島・鹿屋市商工会議所

2020年6月24日15:28

鹿児島県鹿屋市で余っているマスクを回収し、不足しているところへ提供する取り組みが行われています。

マスクの回収を行っているのは、鹿屋商工会議所青年部のメンバーです。

新型コロナウイルスの影響によるマスク不足は徐々に解消しています。

しかし青年部ではマスクが足りなくて困っている人もいるとして、6月15日から鹿屋商工会議所の玄関に回収箱を設置しました。

23日は、第1弾として回収された新品のマスク約300枚が鹿屋市社会福祉協議会に贈呈されました。

贈られたマスクは、介護士らが使用するほか、子供食堂でも配布されるということです。

マスクの回収は、7月3日まで続けられます。

鹿屋商工会議所青年部の尾曲真治会長は「心を込めて渡したのでぜひ使ってほしい」と話していました。

過去の記事