番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

新型コロナウイルス支援対策“鹿児島モデル”見直し 数値を緩和

2020年6月19日23:02

鹿児島県は、新型コロナウイルス関連の経済支援策を行う基準として定めた鹿児島モデルを見直し数値目標を19日から緩和しました。

県は、先月22日、県民対象の宿泊割引など、新型コロナウイルスに伴う経済支援策を行う基準として「感染経路不明者数がいないことなど3つの数値目標を設け「鹿児島モデル」として発表しました。

しかし、医療体制の確保など当初と状況が変化したとして、19日から3つの指標を緩和し感染経路不明者数を「ゼロ」から「3人未満」などとしました。

今月12日に鹿児島市で1人の感染が確認され、感染経路は現時点で判明していませんが県は条件緩和との関連を否定しています。

過去の記事