番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

ひとり親家庭に緊急融資 最大20万円を無利子で貸し付け 鹿児島県・新型コロナ対策

2020年4月2日11:23

新型コロナウイルスの影響で収入が減少し、生活に困っているひとり親家庭を対象に、鹿児島県県は最大20万円を無利子で融資する貸し付け制度を始めました。

この緊急融資の対象となるのは、20歳未満の子どもを扶養するひとり親家庭の親で、新型コロナウイルスの影響で勤務シフトを減らされたり仕事が休業になったりすることで収入が減り、生活に困っている人です。

融資限度額は1世帯あたり最大20万円で、無利子、無担保、保証人不要となっています。

返済期限は融資を受けた日から10カ月以内で、県母子寡婦福祉連合会に必要書類を持参するか、または郵送で申し込めます。

申し込みの際は、ひとり親家庭であることを確認できる児童扶養手当の受給者証の写しなどが必要となります。

過去の記事