番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島県鹿屋市殺人事件 90人態勢で捜査続く 

2020年3月27日19:16

25日夜、鹿児島県鹿屋市の住宅で55歳の男性が血を流して死亡しているのが見つかった殺人事件で警察は27日、90人態勢で捜査を続けています。

この事件は25日午後11時半ごろ、鹿屋市吾平町上名の住宅でこの家に住む団体職員吉井政己さん(55)が血を流してうつぶせで倒れ、死亡しているのが見つかったものです。

警察によりますと吉井さんの体には、腹部など上半身を中心に、鋭利な刃物のようなものでできたとみられる複数の刺し傷や切り傷があったということで、死因は失血死とみられています。

警察は26日、傷や現場の状況などから殺人事件と断定し捜査本部を設置しました。

事件当日の夕方には帰宅する吉井さんの姿を吉井さんの母親が確認しているということで、警察は27日朝からおよそ90人態勢で周辺への聞き込みや現場検証を行っています。

過去の記事