番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

新型コロナ対策で奄美空港にサーモグラフィー設置

2020年3月23日12:18

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、23日から奄美市の奄美空港にサーモグラフィーが設置されています。


奄美支局 麓 伊賀久記者「奄美空港の到着口です。水際対策としてこちらにはサーモグラフィーが設置されました」

県は新型コロナウイルスの感染対策として利用者の多い離島の空港などにサーモグラフィーを設置し23日から運用を始めました。

奄美市の奄美空港では23日朝から県の職員が立ち会い利用者一人一人の体温がチェックされていました。

サーモグラフィーで利用者の体温が高めと判断されたら県の職員が、「『帰国者・接触者相談センター』に相談してください」などと書かれたチラシを手渡すようにしています。

過去の記事