番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島大学の職員が手当を不正受給し諭旨解雇

2020年3月18日19:32

鹿児島大学は18日、30代の技術職員の男性がおととしから超過勤務や休日勤務などをしていないにもかかわらず、虚偽の申告をして、給与や手当を不正に受給したとして諭旨解雇の懲戒処分にしたと発表しました。

この職員は上司の印鑑と同一のものを注文し、勤務状況を記載する確認表に押印していて不正に受給した額は約38万円にのぼるということです。
鹿児島大学は「再発防止に取り組み、信頼回復と綱紀粛正に努めたい」としています。

過去の記事